01


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28


03

いらっしゃいまし。ベースのオッサン、MARUのアレです。
2014/02/24(月) 22:43 本日のお家用BGM。 バンドマン日誌
久々に聴いたけど、この音使いはワタシラYMO世代にはグッと来ますな。



ごはんができたよ 矢野顕子

スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
2014/02/13(木) 09:28 夢見るオッサン ライブのお知らせ方面
何日か前に中学3年生の娘から連絡が来て、希望の高校に入学が決った!との事。

おお。
これはメデタイ。
ついにワタクシも高校生の親になるか。
月日が経つのは早いものよお、思い起こせば16年前、冬の寒さが未だ残る春の朝…

などと感慨に耽っていたのでありました。


それでね、眠ったら夢を見ました。
大体ね、ワタクシは起きた時に夢を覚えてるということは殆ど無い。
多分、覚えている夢としてはずっと前に書いた 『謎のヒーローの夢』 以来だ。



場面はライブハウスの楽屋、恐らく移転前の苫小牧・アミダ様のタタミ敷きの楽屋であろう。

リハーサルが終わって、出番までは時間が有る。

どこかへメシを喰いに行こうという事になり、数人で街へ出かけるのでありました。
(これが何故か自分のバンドの相棒達では無く、全員バラバラのバンドの人達)

ところが開いているメシ屋がぜんぜん無くて、方々を歩き回るバンドマン達。

どーゆーわけか、泥屋のジゾウマサユキが下っ端子分的ポジションで、
『困ったでやんす。どこも開いてないでやんす。』
みたいな事を叫びつつ走り回ってるのも夢ならではですな。

そうこうする内に、何か地下駐車場のような場所に入り込むワタシラ。


そこには、20代後半に成長した我が娘が居ました。

小汚い男の子(4歳くらい)とボール遊びをしている。

そして、その子は娘の産んだ子、つまりは 自分の孫 だという事をワタクシは知っているのだ。

その子供(孫ね)に、丸まんまのパイナップルを買ってくれとせがまれて、

『一瞬でパイナップルを食べごろに熟れさせる方法』 をググっている所で目が覚めました。


うーむ。

自分で書いておいて何だが、支離滅裂すぎる上に意外とツマラナイな。

ま、夢の話なんてこんなモンだ。

なぜ開き直っているのか、これまたワカラナイのだけれど。



~ 今週の出没予定 ~

2/15(土)きよみおれんぢ 

『逆毛猫の逆襲・1回目』
1011213_410222915790758_2144442245_n.jpg

Cafe&Live 8jo  札幌市北区北15条西4丁目1-5  TEL 011-788-4898
Open 19:30 Start 20:00  charge:1500円(1dr付)
出演:きよみおれんぢ/早矢仕龍美/マギー&マギー

※ワタクシ周辺に出没する、野良フードファイター・カオリが 『ワタシも歌いたい!』 と発作的にライブを企画しました。
メンバーはゲンキグミ+泥屋TAMUZO+KATSUOマネジャーのキヨミ。
しかも 『きよみおれんぢ』 という名前が付いていながら、キヨミは別にバンマスでは無いという良く解らないユニットであります。
共演は、若き(息子とかに当たる年齢だなあ)歌い手・早矢仕龍美と、
みんな大好き・沖縄ユニットのマギー&マギーであります。

まあ、大変珍しい顔合わせのライブと言えますなあ。
色々な意味で面白い事は間違い無し。
みんな、面白がりにお出かけ下さい。


 





コメント:0  トラックバック:0
 Home