11


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


01

いらっしゃいまし。ベースのオッサン、MARUのアレです。
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/31(木) 10:45 皆さん、良いお年をお迎えになった方がいいですよ。 ライブやったぜ報告 
いよいよオーミソカであります。
皆様も、本年の仕事も終わってノンビリしたり泥酔したりな事でございましょう。
ワタクシもね、先週末で演奏納め・ライブ納めでありました。

まずは土曜日に、初めてのお店・岩見沢ゆあみのへ乗り込んで、
北海道ツアー最終日の夢野カブさんと久々の共演。

P1020978.jpg

P1030034.jpg

んー。
やっぱりカブさんはカッコいーわ。
R&Rってーのは、魂(スピリット)ですな。
ファッションとかスタイルとか物真似じゃねーぜ、であります。
そこんとこヨロシク、であります。




で、まあこの日も恒例・打ち上げセッション大会&バカ呑みでヘロヘロになりつつ、
翌日は小春南『小春南・忘年ライブ』 に参加、
KATSUO及びワタクシ自身の、2009年ライブ仕事納め だぜい。

P1030112.jpg
※今年最後のKATSUOは、朋友じゃいあん青木がゲストイン。
ヤツの得意技・雄叫びスキャットをワメキ倒す。

P1030140.jpg
※飛び入り的に参加の児玉梨奈との初共演はギター&ベースのデュオ。
隣に立ったらイイ匂いがしたぞ、諸君。

P1030129.jpg
※本年のシメは、白幡シャチョーら先輩達との演奏でした。


てなチョーシで、ワタクシの2009年も終了であります。

今年一年、58本のワタクシの出没ライブにお付き合いいただいた、
お客様・関係者・ミュージシャン諸氏に座して御礼申し上げます。

来年もたくさん遊んで下さいね。





スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
2009/12/23(水) 19:11 写真多いから重いっスよ、奥さん。 ライブ やったぜ報告&お知らせ方面
年末、でございますな。

世はおしなべて2010年を迎える準備に入っているのでしょーが、
今年のワタクシは、どーも 『年末感』 『押し迫り感』 が湧いて来ない。

まあ例年もその傾向は濃いんだけど、今年は特に。

『歳をとる』 というのはこーゆー事なのか…。



などと中年オヤジの悲哀を背中に漂わせつつ、
今年もやったぜ、だめサンタ

会場のLOGは満員盛況でございました。
まあ、出演者もこれでノラないわけがない。
各人、思い思いの 中途半端なクリスマスファッション
に身を包んでの演奏でありました。


亜古木LTD-typeD
※亜古木LTD-typeD
昨年のだめサンタを観て、
今年からの参入を志願した古木・布目両氏による新人ユニット。
本番直前にメンバーの病欠、というアクシデントに見舞われながらも
雄々しくトップバッターを務めました。
うーむ。
しかし、古木さんの格好はクリスマスっつーよりも
『山奥で発見された未開の民族の呪術師』 と言った方が…。


振り逃げ侍
※振り逃げ侍 The Movie
指一本弾きの巨魁・鍵盤のトモヨ率いる老舗バンド。
20代の田中兄弟が居るだけあって、勢いはこの日のナンバーワンでしたな。
バンドの名前も、
振り逃げ侍

振り逃げ侍 NEO

振り逃げ侍 2008冬

振り逃げ侍 The Movie

と、全く意味不明の進化を遂げております。


婦人画報
※The 婦人画報
顔ぶれ一新で臨んだ今年の婦人画報。
ウリは、何といってもVO.ナオの 『萌え光線炸裂ヴォーカル』 と、
ナオの夫に良く似た、(誰が何と言おうと)女性ドラマー 『鳩胸ダーリン』。
会場に居た、子をもつ母親達から 『教育上ヨロシクない』 と評価されてました。
してやったり。


DoubleFoluts
※ダブルフォルツ
総てはココから始まった。
そもそもコイツらが 『ライブやってみたい』 とか言い出さなければこのイベントは存在していないのだ。
演奏内容はもちろん、存在そのものが
『だめサンタと書いてダブルフォルツと読む』と言われる人達です。
その堂々たるだめサンタっぷりは、
毎年の選曲参考資料がカラオケの歌本という事実からもお解かりいただけるであろう。


残念波止場
※残念波止場
不肖ワタクシがフロントマンを勤めるこのバンド。

…いや、特段言うことは無いよ。
ただ、来年からは 歌かギターのどちらかにしてくれ。



で、まあ最後は恒例の、みんなでクリスマスメドレーでもって大団円。

よかったよかった、と思う間もなく今度は観戦に来ていたバンドマンたちがコーフンし始め、次々とステージに出て行っての無限ループセッション開始。
ワタクシはビールなどを片手に、
『おー!やれやれ!もっとやれ!』 などと無責任に呑んでいたのだが、
フト気付くと、店内にベース弾きはワタクシのみ。

残業開始。
働き者であるワタクシの表情の変遷をお楽しみ下さい。

地蔵
元気に残業開始。

KATSUO
まだ元気に残業中。

ヘルハニ
…残業中なんだ。お父さんはもう一仕事あるから先に休んでなさい。

モジョマス


課長(?)、もうあがっていいスか?

とまあ、コレもまた毎年のことなんだけどね。


いやー、遊んだ遊んだ。

来年度 『だめサンタの宴』 に出場希望の方は早めにお申し出下さい。

バンド名をまず先に考えなければなりませんので。



そして、まだまだ終わらない。


~本年最後の出没予定~

12/26(土) KATSUO at 岩見沢・ゆあみの
『夢野カブ 北国WET DREAM #9 TOUR'09』

s-Y16150521.jpg

アジアンcoffeeBar ゆあみの 岩見沢市3条西2丁目6-3 TEL0126-25-9681
open19:00 start19:30  Charge:2,000yen(1dr)
出演:ヒナ/KATSUO/夢野カブ

※ロックンロール兄貴・夢野カブさんの北海道ツアー最終日に、
KATSUOで参加いたします。
横沢名人が新たに立ち上げたユニットも。

あー、なんだかんだでカブさんと逢うのは久しぶりだなあ~。
楽しみ楽しみ。

岩見沢の衆、カッコいいロックを聴きたければココへ来い!!
そして夢野カブと共に歌うがよい!



12/27(土) KATSUO at 小春南
『二〇〇九 年忘れ歌忘れコンサート』

s-img-Z05152856.jpg

小春南 札幌市中央区南1条東2丁目 マーシャルイーストビル B1F  TEL 011-210-8218 
start18:00  Charge:2,000yen(1dr・1food)
出演:PETA/千葉智寿/しらはた隆一/ジャイアンリサイタル/KATSUO 他多数

2009年最後のライブであります。
いやー、今年も一年色々と演りましたなあ。
この日は年末にふさわしく、ライブとゆーよりも忘年会です。

PETAさん&千葉智久さんの両先輩が企画いたしますこのライブですが、
昨年のワタクシはぶっ倒れて入院中だったんで、参加してないのよね。
今年こそは、皆様とのんびりユッタリ忘年会を楽しみたいと思います。

2009年最後にゆっくり呑もうぜい。










コメント:4  トラックバック:0
2009/12/16(水) 15:13 今年もこの時期が来たか。 ライブ やったぜ報告&お知らせ方面
異民の詩7 終了いたしました。

P1020852.jpg

ワタシラKATSUOで企画いたしますライブ・異民の詩シリーズも早や7回目。
お天気がパッとしなかったのと、初めての会場だったんでチョイと心配を
していたんだけど、ほぼ満員のお客様にお越し頂きました。
(動くワタシラはこちら

スウィンドルズ
※今回共演のSWINDLES
ワタシラと彼らが楽屋に居ると
フツーの話をしていても、何故か謀略・陰謀・しまいには犯罪の匂いすら漂うらしい。
ワタクシは一切悪くないと思うので、他の誰かのせいだと思うが…。
心当たりの有る出演者は挙手願います。

まあ、そんなこんなで異民の詩7は楽しく終了致しました。
御来場いただいた皆様、アリガトー。


などと、ありがたがっている内にフト気付けばもう12月。
しかも半ばを過ぎているのでありますね。

世間様でも師走だ忘年会だとオー忙しでありましょーが、
おっさんバンドマンはノタノタとライブハウス方面を徘徊するのであります。



~今週の出没予定~

12/18(金) CrossBill at フライヤーパーク
『フライヤーライブ』

フライアーパーク 札幌市豊平区平岸4条7丁目12-10 Y's CITY BLD 1F
open20:00 Start:20:30~ Charge:1500円(1dr付)
共演)ZERO

※不良おやじギターデュオ・CrossBillのサポートです。
今回はいつも一緒に演る小川コータ(VO・Per)は別のお座敷が有って欠席です。
で、今回はギター2本とベースという、かぐや姫的編成でお送りいたします。
そしてこの日は(ワタクシにとっての)新曲が演奏の半分を占めるという、
なかなかにスリリングなライブであります。
なんせ、練習が僅かに2回。
しかもカラオケボックスに楽器を持ち込んで、という状態です。
否が応にも緊張感は高まるばかりであります。
ま、なんとかするがな。



12/19(土)
『2009 だめサンタの宴』
 at LOG

2009だめサンタの宴

LOG 札幌市北区北14西3ゼウスビルB1 TEL737-5388
 Start 18:00~ Charge:1000円(持ち込み歓迎、っツーか何か持って来て)
出演) 素人バンド多数

※んー。
今年もやって来ましたなあ『だめサンタ』の季節が。(200820072006
え?何?もう6回目?
もうこれは『伝統あるイベント』と言っても差し支え無いのではないか。
まあ、演っている人が人だから、そんな事にはならんだろうが。

初めて『だめサンタ』に触れる方々の為にイベントの主旨を御説明いたしますと、
〝普段は客席に居る人々が年に一度楽器を持って真のライブを行い、
ともすれば堕落しがちなバンドマン及び音楽界に警鐘を発する〟

という事であります。

まあ、要約すると
〝シロート衆も年に一度は楽しくライブ演ろーぜ〟って事ね。
このライブには、
ワタクシを始めバンドマンだのミュージシャンだのと言われている人間も
参加を許されておりますが、『普段やらない事をやる』という大原則がございます。
例えば、ワタクシがベースを弾くこと無くギター&ヴォーカルだったりするの。

今年も、いつものシロート・初参加のシロートが入り乱れて狂乱の一夜が繰り広げられることでありましょう。
これまた例年通り、飛び入り参加ドンと来いってな感じです。

普段、ミュージシャンとか言われてイイ気になってる連中よ!
ココに来て初心に立ち返り、ライブの原点を思い出すが良い。


我々も共通スローガン
『笑っていただくのも大事な仕事だ』
を胸にガンバルぜい。



コメント:2  トラックバック:0
2009/12/10(木) 01:43 ライブ時の運動量も結構な物なのだが。 バンドマン日誌
皆様、スポーツしてますか?


のっけから何を言い出すのか?この小太りオヤジは。
などと皆様お思いでしょう。
ワタシやぁ、こー見えてもスポーツマンでしたのよ。

中学~高校と卓球部に所属しておりましてね。
高校時代は3年間主将という重責を担い(新設校だったからね)、
毎日トレーニングをかかさず、
早朝から体を鍛え、
煌く陽光の下で青春を謳歌しておりました。

まあ今や、
毎日の飲酒をかかさず、
早朝から淫らな活動を行いつつ、
太陽の下に出ようものなら、『お前ら全員死ね。ワシもモー死ぬけん』という嫌光性廃人状態。

数十年かけて180度の大回転をした、とゆー事ですな。


そんでまあ数週間前のことですが、そのN高校卓球部時代の同級生から
『俺たちの代のOB会しようよ。飲みつつ卓球しつつ。』などと連絡が入りました。

? 飲みながら卓球?どーゆー事だ?とか思いながら指定の場所に行って見たらね、
あるのよ、そーゆーお店が。→(中目卓球ラウンジ札幌分室

でね、やりましたよ。
30年近く振りにラケット持って卓球を。

見よ!
スポーツマン金太郎(意味不明)なワタクシを。

4488.jpg


なんかこう…、
似合わねえ。

自分で言うのもなんだが、

総てがアンバランスだし。


その上、
ほんの15分やっただけで息は上がるわ、膝がガクガクするわだもの。
往年の名プレーヤーの姿は遠くなりにけりですな。

まあ、トーゼン参加者全員が似たような状態でしたがね、
それでも皆、フォームが現役時代と変わらないのが懐かしかったりなんかも致しました。
それなりに楽しかったなあ。

またこんなことをやって、
ユクユクは低迷を続ける日本の卓球界に一石を投じる存在を目指してみるのも悪くないな。
そんで、『卓球界の岩田鉄五郎(by野球狂の詩)』 とか呼ばれちゃうのね。

待ってろ!世界。





卓球界の鉄人衣笠(変わってるし)がお送りする

~今週の出没予定~

12/12(土) KATSUO at のや
『異民の詩 VOL.7』

異民の詩7

レストラン のや 札幌市中央区北2東11-23-14 TEL011-210-5105
open18:00 start18:30  Charge:1.500yen(1dr)
出演:SWINDLES/KATSUO

18:00よりO・A(小川耕太&東出あさな、G・ナガヌマタツル)による演奏アリ

※『KATSUO企画ライブ・異民の詩』の第7弾は、SWINDLES を迎えてのライブです。
SWINDLESは、ワタクシと共にShadow Of The MOON でも活動しているリーヤンがVOで参加、
また屈指の売れっ子ドラマー・シラちゃんもプレイするバンドで、
今年の夏のイベントで一緒になって以来、あ~ 一緒に演りたいなあと思っていたバンドであります。
何度か話が有ったんだけど、この度よーやく実現です。

そして、
ライブ会場の 『レストランのや』は激ウマのレストランとして有名なお店です。
これまで純アコースティックのライブは有ったものの、
ドラムやら電気物やらを使ったライブは初めてとゆーことで、お店的にも実験的な要素が多々有ります。
ファンの方々のみならず、バンド関係者の方々も今後のハコ開拓のために御覧になってみるのは如何でしょうか。

ちょいとお店の場所が判りづらいので、迷子になりかけたらば出演者か
当バンドマネージャーのKIYOMIに御遠慮なく電話してチョ-ダイ。

お待ちしております。




コメント:5  トラックバック:0
 Home 


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。