FC2ブログ
10


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


12

いらっしゃいまし。ベースのオッサン、MARUのアレです。
2009/11/06(金) 12:50 ダイジェストと言いつつケッコー長い。 ライブ やったぜ報告&お知らせ方面
んー。

またもや更新のスパンが長く空いてしまった。
まーね。
ワタクシもこう見えてなかなか忙しいオジチャンなのよ。
ライブがあったり練習したりしつつ、ライブフライヤーも作らなきゃだし、銀行と喧嘩したかと思うとタムゾーが車に轢かれるわサン牧のお手入れをするわ、生姜焼きを作ろうと思ってチューブをニュルってしたら生姜じゃなくてワサビだわ…
などと、バタバタしておりましたの。

で、まあこの10日余りをお馴染みのダイジェスト版でお送り致します。




10/24
『KATSUOの皆さんで苫小牧へ。』

P1020339.jpg

シャイポール久保田さんのイベントに出演。
ジプシーロマンスと初共演でした。噂に違わず良いバンドでしたなあ。

そして、この日ワタクシのお誕生日でありました。
ワタクシのような者に、皆様から数多くのメッセージやプレゼントを
頂戴いたしました。
改めまして アリガトウございます

ちなみに、ワタクシのお誕生日は 『国連記念日』 とかいう日だとガキの頃の生徒手帳に書いてありました。
きっと国連の職員さんしか知らないエクセレントな日なのでありましょう。

そして終演後は西舘カツオ宅にてお誕生日パーティーを開催してもらうも、
当のワタクシ本人はその75%を眠りの国で過ごすテイタラクぶりでした。




10/25
『久々のおやじランド』


へルタースケルター おやじランド


半年振りのおやじランドは、斉藤ペンさん(Per)が参加。
久々なのと、メンバー増強をコトホイで動くヤツを載せて見ました。

見所は、アコギにフルディストーションをかけっ放しという、
異様なハイテンションで弾きまくる藤田ナオキと、客席で騒ぎまくる泥酔したオッサン。
で、このオッサンは我々が終わると居なくなった。
しかも、誰も(店も)知らん人だったらしい。




10/31
『異民の詩 6』

P1020418.jpg

Wood Stockに乗り込んでの〝異民〟でした。
お相手は2週連続のエゾ サリバンショウ
天気も余り良くないし、お客様の入りが心配だったけど、
蓋を開けてみたならば大盛況の満員御礼でしたの。
あまつさえ、大御所・ベーカーショップブギ澤内アキラさんまで観戦に来ていただきました。
出演者一同、驚くやら喜ぶやらでモー大変な騒ぎ。

そして、ステージ上のワタクシに 『首振りオッサン!』 という、
野次とも声援ともつかぬ声をかける者あり。(モジョサリバンの仕業だ)
そのビミョーなネーミングは止めていただきたい。
定着したらどうする。




11/2
『助っ人弾きで伊達・ルイジアンナへ』

ModanTimeのマスター・大林マリオ氏から、
『自分のバンド(エロトピア)で伊達の先輩のお店に行くのだが、
ベース弾きの都合がつかんのでトラ(助っ人ね)を頼めんか』
との依頼。
〝ああ、ようがす〟ってんで尻軽バンドマンとして付いて行ったわけです。
出発後、峠道に差し掛かる頃には真っ暗&降り始めた雪で見事なアイスバーン。
さすがのワタクシも不安になって、『スタッドレスタイヤだよね?』 と
ハンドルを握るマリさんに恐る恐る尋ねたところ、
『もちろん!ちゃーんと履き替えたって。12年目のヤツだけど
というお言葉。

…まあ、ジタバタしてもショーが無い。
もっと可愛そうなのは、ハマちゃん(Key)運転の後続車両。
なんと、夏タイヤ。

でもまあ、緊張感でズタボロになりながらも無事に到着。
同じく札幌から乗り込みのハーバーライツの皆様もやってきて、
楽しく演って参りました。
男気溢れるルイジアンナのマスターにもすっかりお世話になって、
KATSUOのライブにいつも来てくれるマキちゃんにもバッタリという感じで逢えたしな。
ケッコー面白い一泊ツアーでありました。



そして、11月もまだまだ有りますのよ奥さん。





~ 今週出没予定 ~


11/8(日) KATSUO at 安平
第17回ミュージックフェスティバル

62_GX70NFTJMZ.gif

安平町・早来町民センター
 勇払郡安平町早来北進102-4 TEL0145-22-3224
Start13:00~ 入場無料

※今週のKATSUOの皆さんは、安平町という所に行きます。
我々を誘ってくれたのは、地元のロックンロールバンド Y’s さんです。
カツオ君が大変お気に入り(なにせ彼らのバンドTシャツを愛用している)のこのバンド、
5月の喜茂別遠征で一緒でした。
ところがね、ワタクシこの時は高熱に浮かされていて
『あー。スタイルの良いカツオ君と引頭がたくさん居る~』
などとしか覚えてないのよね。
今度はこの目でキッチリ彼らのR&R祭りを確かめてくるぜい。





スポンサーサイト



コメント:10  トラックバック:0
 Home