05


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


07

いらっしゃいまし。ベースのオッサン、MARUのアレです。
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/30(火) 17:45 バンドマン 蒸かしイモ状態。 ライブやったぜ報告 
『異民の詩 5』
大盛況のうちに終了いたしました!


前回、『次もお蔵だし写真集だ!』 とか書いた気もするけどね、
そのよーな事は100万光年の彼方へ飛び去ってしまったので、
悪しからずゴリョーショー下さい。下さいったら下さい。

さて、

KATSUOのみなさんが企画致します、『異民の詩シリーズ』。
今回は、攻撃型スウィングバンド・D.I.&The HELLHONEYSとのジョイントでした。

前にも書いたけど、
KATSUOとヘルハニが一緒に演るのは何と2年振りなのね。

まあ、
常日頃からお互いのライブを観戦したり、助っ人として演奏参加をしたり、
あまつさえワタクシとヘルハニバンマス・D.I.は 『バナナパンケーコ』 という今は亡きバンドに共に加入していた時期もあったりと、因縁浅からぬ関係なんでね、どーも久しぶりな感じがしませんでしたなあ。


ヘルハニ
D.I.&The HELLHONEYS。
観るたびごとにバンドとしてのノリがパワーアップして行くなあ。
ま、今回は funny (tp) の新婚オーラ のお蔭だと思うがな。




CIMG8461.jpg
※んで、続いて登場はワタシラ、KATSUO御一行。
会場内の余りの暑さに、ワタクシと横沢名人の胸元がセクシー路線で、
ハリー・ベラフォンテとゆー感じであります。(意味不明)




セッション
※そして最期は出演者全員打ち揃っての大セッション大会。
ステージ上の気温が一挙に4℃ばかり上昇した瞬間。




おかげさまで、満員御礼のお客様にお越しいただきました。

その上、ステージには暑苦しさでは関東以北でも指折りのワタシラ。

会場内の気温、ハンパじゃねーっての。
ワタシャ、人前でライブだなんだってのを始めて20年以上になりますがね、
発汗量という点ではその歴代ベスト5には確実にランクインしますな。
LOGのたった一台のエアコンも、
『いや~、アッシも頑張って無理をしちゃあいるんですが、どうにもイケませんや。』
などと、焼け石に水の状態。

御覧いただいたお客様もさぞかし苦しい思いをなさったでしょう。

御迷惑をお掛けいたしました。

とは言え、

・ 夏だ。
・ 立ち見の方までいらっしゃる。
・ 出演がワタシラだ。
・ D.I.のテンションがイヤに高い。
・ しかも会場がLOGだ。


これで涼しかろう筈もありませんので、あきらめなければいけませんね。

ま、タチの悪い犬に噛まれたとか例えとして相応しいかどうか
疑問な事を思いつつ、『異民の詩 Ⅵ』 開催の折には御参加くださいませ。
(まあ、まだやるかどうかも決まってないけどな。)


てなわけで、

ドカドカと先週末も演っておりましたが、

実はワタクシこれより、新バンド COMPANY の初ステージ、
っつーか公開リハ的なヤツで演奏致します。
(似た名前のバンドが有りますが、Steve氏率いる新バンドですの)

まあ、なにせ初披露でありますので頑張って参ります。

では、行って参ります。









D.I.&The HELLHONEYS がお送りする

今週の
 ~ ミステリーゾーン ~



名称未設定-2

終演後、楽屋兼廊下の一角でギター談義をするD.Ⅰ横沢名人

互いのギターを交換するなど、ミュージシャンらしい光景であります。

が、

よーく見ると、そんな彼らの背後に…









       名称未設定-1

D.I.&The HELLHONEYS
ドラムス U-YA



お前は 『偶然写った座敷わらし』 か。


U-YA の現われる家は栄えると言い伝えられています。






スポンサーサイト
コメント:6  トラックバック:0
2009/06/20(土) 09:20 写真が多いので重いです。 ライブやったぜ報告 
皆様、

6/7 『苫小牧・軽音楽フェスティバル』
軽音楽フェス


6/9 小春南での『日暮士歳朗さん』 のオープニングアクト。
CIMG8296.jpg

各ライブ方面にイッパイのお運び誠にアリガトーございました。
あまつさえ、
『あー、貴様ら(KATSUO)の事を色々と書いてやるので質問に答えるように。
ウソ偽りを申すと手討に致すぞ。心して返答致せ。よいな。』

との御達しで雑誌のインタビュー等と言う、ワタシラにはもったいない事件も用意されておりました。
(7/6発売の本であります。詳しくはまた書きます由。)


でまあ、
先週の週末は珍しく、演奏だの人前に出るだのが無くってね、
娘の出ておりました 『よさこい』 の追っかけなどをやってノホホンとしてました。
(御協力戴いた皆様には伏して御礼をモーシ上げます)

そしてまた今週も演奏活動はお休みであります。
まあ、その代わりスタジオ方面にはビッシリ入っておりますけれど。

珍しく時間もあるしってんで、PCのデータ整理などという事をしてましたら、
ケッコーな未公開写真が残っておりますなあ。

てなワケで、
だいぶ前にも一回やったぞ公開! お蔵出し写真集
をお届け致します。



公開NO1 『お前が歌うんかい!』.

omaegautaunnkai.jpg

※なぜか客席でマイクを掴んで熱唱するジョンさらしな氏。
鑑賞のポイントは、演奏陣・客席が彼に全く無関心なことです。



公開NO2 『サンタが頭上にやって来た』.

ukareyokozawa1.jpg

※とても珍しい、横沢名人が浮かれている写真であります。
KATSUOのみなさんの中で、沈着冷静かつCOOL・シブさでファンを魅了する部門
を一手に引き受ける横沢名人が浮かれてます
しかも、サンタを頭上に乗せつつもシブさを失っておりません。



公開NO3 『何してんだ俺よ』.

CIMG6381.jpg

※ライブ後の『イェーイ』な写真の時に、一人怪しい手つきのワタクシ。
どーゆー意味かワカラナイ良い子のみんなは、お父さん・お母さん、
或いは女バンチョーに聞いてみよう!




公開NO4 『辛~い…』.

karai

※そのまんまです。
超激辛ペッパーソース・デスソースのサドンデスとゆーヤツを
ワタクシに騙されて口にしたマサ子とideちゃん。
しかし、ideちゃんがイイ表情ですなあ。
〝はーい、辛い物食べた時の顔してくださーい〟って言われた時の顔だもの。
そしてこの後、ワタクシはデスソースまみれの手でオシッコに行って死ぬ目に逢ったのでした。



公開NO5 『お代官様、ひとつよしなに…』.

Image111.jpg

※悪代官・ジョンさらしな之介に悪事を持ち掛ける廻船問屋ジャイアン屋のあるじ・青木助平
しかも発泡スチロール製トロ箱を前に。
一体、何を頼んでいるのか? 御禁制の品の抜け荷とかか?


以上、今回は5点を御紹介いたしました。

次回も続きである。



まあ、登場人物を知らん人にはドーでもいいんだろうけどな。










ニシダテカツオがお送りする


今週の


〝特集:吼えカツオ〟
~その変遷を追う~




カツオ君はお酒が大好きなバンドマンです。

そして吼えます

今日もライブで吼えただけでは収まらず
打ち上げでも吼えまくります。

名称未設定-1

観客席で吼える




CIMG7682.jpg

共演者と吼える



夜も更け、酒量はドンドン増えていきます。

酒の単位が〝杯〟から〝本〟に変わる頃
吼え方に変化が。



名称未設定-
CIMG6348.jpg




だんだん、〝吼える〟では無くなって行きます。

これを我々研究者は
〝コントのオチ化現象〟と呼んでいます。

しまいには、何だか解からなくなっていきます。



CIMG7459.jpg

いや、子供笑ってねーし。

ビビッてるし。












翌朝のカツオ

          翌朝。


燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな…











コメント:15  トラックバック:0
2009/06/02(火) 14:54 もう半分経過か。 ライブのお知らせ方面
6月 であります。

まあ、何だかんだで本年の上半期も最後の月になりましたなあ。
会社なんかで言えば半期経過の中間決算発表をする時期とゆー事ね。


ワタクシ的中間決算を総括していうと、
だいたい、いつも通り。

スタートが入院生活からだったとはいえ、西に宴会があると聞けば乗り込んで呑み騒ぎ、
東に面白イベントがあれば勝手に参加。
そして週末になると楽器を持って暴れ倒す。

うーむ。
自分でも呆れるほどの 『いつも通り』 だな。

でもまあ、下半期に向けての現況分析・及び反省点を述べよと言われても、
ま、イイんじゃないの。
という、何の反省も将来の展望も、それどころか肯定すら無いという態度のワタクシです。


てなことで、

〝いつも通り〟6月の出没予定ざんす。




6/7(日) KATSUO 
『苫小牧軽音楽フェスティバル』

     6/7苫小牧軽音楽フェス
『苫小牧文化会館』
苫小牧市旭町2丁目8-19
OPEN 14:30  START 15:00 \500

※苫小牧のミュージシャンの方々と一緒に演ります。
ココはね、ケッコー立派なホールであります。
で、照明入れーの音響入れーのでガッツリ演りましょうという御趣旨です。
それなのに、チケット500円って異常に安くね?
ビッグマックセットより安いぞ。まあ吉牛の牛丼並み盛よりは高いけど…。
とか思ったら、実はお上から一部援助が有る企画らしいです。
苫小牧市公認(嘘だけど)御用バンドマンとして演って参ります。





6/9(火) KATSUO 
『日暮士歳朗LIVE 』

     6/9ヒグラシ

『 小春南ホール 』
札幌市中央区南1条東2丁目創成ビルB1 
OPEN 18:30  START 19:00 \2500(1DR付)

※昨年に続いて、
北海道ツアー中の日暮士歳朗さんのオープニングアクトを勤めます。
今回はニューアルバム発売のプロモーションも兼ねて来道の日暮士さん。
まー、とにかく聴いてみろ。
〝スライドギター〟〝ブルーズ〟〝ゴスペル〟〝唸り〟〝吼え〟
などのキーワードにピンと来るヤツァみんな来い!

そして、まあついでと言っちゃあなんだけど、僕達も聴いてね。





6/27(土) KATSUO 
『LIVE 異民の詩 vol.Ⅴ 』

     名称未設定-1

『 LOG 』
札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下 
OPEN 18:30  START 19:00 \2000(1DR付)

※ワタシラ KATSUO 企画のライブ〝異民の詩〟であります。
今回はね、イケイケドンドン・武闘派スウィングバンド・
D.I.&THE HELLHONEYS と競演です。
いつもツルんでいるように感じる両バンドでありますが、
ちゃんと一緒に演るのは、エート、何と2年ぶりか?!
これは当事者ながら驚きました。
ライブポスターのデザインは、『極悪面同士の決着を着ける』 というワケのわからん
所信表明を発表したヘルハニ・バンマスのD.Ⅰ画伯の手によるモノです。
(カツオ君が呪われた博多人形の様でナイスだ)
絶対(あえて言うぜ)ハッピーなライブになります。
皆さん是非ともおいでませ。
コメント:2  トラックバック:0
 Home 


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。