FC2ブログ
11


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


01

いらっしゃいまし。ベースのオッサン、MARUのアレです。
2006/12/19(火) 23:58 病院ライブ終了&出没予定・眠いが演る! ライブ やったぜ報告&お知らせ方面
さあ、2006年も残すところあとわずかとなりました。
寒気の候、皆様におかれましては益々御健勝の事とお慶び申しあげます。


申し上げますがね、あれですよ、皆様は御健勝だろうけどね、
ワタクシは御健勝でも無いんですよ。
なんだか寒くなり始めてからというもの、やたらと眠い!
ライブも無いしリハも無いし、酒場にも行かないで今日は家に居るよ、
なんてえ日には、モー眠くって10時頃には布団に潜り込んで居たりしますな。
これは何?
寒くなると眠くなる病気で『寒睡病』とかそんな名前の風土病とか?
きりひと讃歌』のモンモウ病に匹敵しそうな恐ろしい病でありますな。

でもまあ、そんなヘナチョコ的な事を言っていても仕方ありません。
ちゃーんと師走の時期もライブを演っております。

12/16は『フライングポーポーブラザーズ』の演奏をして参りました。
萬田記念病院ライブ
場所は『札幌萬田記念病院』のロビー、患者さん向けの年末イベントでした。
聴衆の殆んどは、人生の先輩でおられる御高齢の方々でした。
佐藤しょーこの唄う『りんごの木の下で』や琉吉シャチョーの沖縄民謡に合わせて、皆さんに口ずさんだり手拍子を打っての声援をいただきました。
ウン、良いライブでしたな。
やっぱアレだよね、
音楽を楽しむというのはマニアとか一部の詳しい人の為のモノでは無いよね。
色々なお考えがあるでしょーが、楽しんでナンボ・楽しませてナンボってなもんでね。
腕組み&苦渋の顔の評論家的な聴衆相手にマスターベーション的な演奏を演るの程ツマラン物は有りませんからな。



でまあトーゼン、演奏する側の楽しさもまた、誰しもが共有出来る物であります。
そーゆー意味でワタクシが毎年楽しみにしておりますライブイベントが、
12/23(祝)に行われる

『Barあるぺん・だめサンタの宴』であります。

『あるぺん』というのはスキー用具屋さんのソレではなく、ワタクシの仲間がやっておりますBARでしてね、時々は機材を持ち込んでライブ会場と化したりするお店であります。
で、回を重ねる事4回目となりますこのイベント、ドーユー事かといいますとね、
出演者は、あるぺん店主の窪田淳一郎を始め、店のスタッフ・常連客会社員・同主婦・同PA屋・同筋肉自慢・同童貞学生などで構成されております。
まあ普段は客席側に居る事の多い人々です。
で、普段『ミュージシャン』とか言われておる連中が彼らの演奏を聴き、または共に演奏をして
『ああ音楽とはこういう事であったか』と再認識するミソギの場であります。

まあ簡単に言うと『みんなで学芸会』というノリですな。
身も蓋も無い言い方ですが。

しかも、店主・スタッフが演奏に忙しい為
『ああ3000円だけ払ってね。後は棚にある酒とかビールとか勝手に自分で呑んで。なに?カクテル?んなモノ自分で作れ!』
という大変画期的なシステムであります。

『X'mas a gogo!だめサンタの宴』
12/23(祝) 18:30~ 
Barあるぺん 札幌市中央区大通西11丁目(中通り)℡271-7544
※3000円フリードリンク
※持ち込み及び飛び入り演奏大歓迎!





最後にあるぺん店主・窪田淳一郎より一言御挨拶を申し上げます。









              漢!窪田淳一郎

           『皆の者、集え。』




スポンサーサイト



コメント:8  トラックバック:0
 Home