FC2ブログ
10


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


12

いらっしゃいまし。ベースのオッサン、MARUのアレです。
2006/11/18(土) 11:17 冬の防火運動(プライベート版)実施中 バンドマン日誌
先日の事、ワタクシはいつもの通り夕飯の支度をしておりました。
本日のメニューは『餃子』。
って言っても、
『挽肉をコネくって白菜だのナンジャラだのを入れて皮に包んで、わあ美味しそうだねお母さんの手作り餃子。そうよタケシちゃん手作りが一番よ』等というのでは無く、スーパーマーケットなんかで売ってるフツーの冷凍餃子。

余談では有りますが、こういう食品関係のパッケージ裏なんかに『美味しい調理方法』とか書いてあるでしょう。或いは『簡単!おかずレシピ50種類』とかの料理本。
ワタクシはそこに書いてある数字関連(大さじ○杯とかサラダ油○○ccとか)の記述に忠実です。
だってねえ、そーゆー風に書かれてたら
『うむ。この分量を違えてしまうと美味しくはならんのだな。簡単!の筈が難解を極めるのだな。』
と思うじゃない?コッチは。
それなのに、よく見受けられるのが『塩…適量』とか『醤油で味を整える』等の記述です。

適量?整える?
何言っちゃってんの?それが判ってたらお前なんぞは読まねーよ。
俺にまかせろ、みたいな顔をしておいて肝心な所でケツをまくろうってのか!
関係者一同に反省を促す物である。

で、フライパンに凍ったままの餃子(後輩Kはサメコと読んでおったが)を並べて水入れて、よしファイヤー!と相成ったわけです。
程なく『ジュ~』とかいうスィートメロディーがフライパンから流れて参りました。
数分後、フタをちょいと開けてフライパンを軽く動かした途端、

中に火が入って引火! 餃子炎上!

『アイヤー、モエジャグレコキケレマシター』等と謎の叫びを上げて大慌てのワタクシ。

よく言われておる、慌てず落ち着いて消火をしましょう的なのは無理!
この状況で『慌てるな』ってのは、
マッシュルームカットの北島三郎とニラメッコをして勝て!と言われてる位無理な話です。

頭の中に消火器・マヨネーズ・濡れゾーキンなどの単語を思い浮かべつつ、
結局メラメラと炎を上げるフライパンをシンクに叩き込んで、水を掛けまくってようやく鎮火いたしました。
恐らくは、ほんの数秒間の出来事で、火の勢いも大したモノでは無かったんだろうけどね。
被害も餃子全滅&換気扇のフィルターが焼け落ちたっつーか溶け落ちた位でした。
それでもね、いや~ビビりましたよ。
たったこれだけの作業なのに肩で息してたもんね。
一歩間違えたら、八百屋お七もビックリの大火事だもんなあ。

皆様もお気を付け下さい。
と、ゆーより気を付けろよな



スポンサーサイト



コメント:12  トラックバック:0
 Home