09


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


11

いらっしゃいまし。ベースのオッサン、MARUのアレです。
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/31(火) 23:59 ワタクシ的 『はじめて物語』 バンドマン日誌
img01.jpg


唐突ではありますが、皆さまはこの御仁を知っておいでか?
この方こそ、ワタクシが音楽の無間地獄に引きずり込まれるキッカケになった

『ミッシェル・ポルナレフ(MICHEL POLNAREFF)
その人であります。

若い人たちは『誰?それ』とか、『名前、言いづらい』とか、
『股間、ヤバくねえ?』
とか思うんだろうが、最近CMとかドラマの挿入歌で使われている
『トゥ トゥ プ マ シェり~ 』(Tout, Tout pour ma chérie ~)を唄ってる人と言えばわかる?
因みにこの曲は『シェリーにくちづけ』ね。
この人のレコードを聴いた小学校低学年のワタクシは、すっかりヤラれてしまったわけよ。
当時のベスト『ポルナレフ・ナウ』とライブ盤の『ポルナレフ・ア・トーキョー』(未CD化)は、誇張でも何でもなく日に2~3回は聴き倒してたもんね。今じゃ磨り減って音が飛びまくり。

この人の作り出す美しいメロディとピアノの音。
驚異のハイトーンヴォイス。
エキセントリックな言動とファッション。
すっかりハマってしまったワタクシ(子供版)は、
『ああ、音楽って素晴らしい!
そうだ、僕はポルナレフになろう。
と思ったのでした。
ま、ミュージシャンじゃ無くて、あくまでポルナレフだったんですな。
その後、5年生で『サウス・トゥ・サウス』やクラプトンに出会うまで、
ズーっと『ポルナレフおたく』なガキだった訳です。そして今に至ると。

でもねえ、
ちょいとマジメに書くとね、当時の英米一辺倒のロック・ポップス界に、キチンとヨーロッパの匂いを漂わせつつ現れたってのはナカナカの物ですよ。
映画音楽を思わせるような雰囲気は、やっぱりアメリカな感じのポップ感とは違うもんねえ。
後々の、いわゆる“お洒落なポップ”のモノサシになった人でしょう。
色々なオーケストラがカバーする位、作曲能力の高い人だしネエ。
今、是非聴いてみていただきたいですな。
2000年代に出たベスト辺りが入門用としては最適かと…。

で、このポルナレフさんですが、元々『自分のルールで日本シリーズ開催』的な人でしてね、
その遍歴も
天才ピアノ少年現るドロップアウトしてヒッピーな生活いきなりデビュー世界的に大ブレイクモロッコ辺りに居つくレコード会社及び税務署と大喧嘩無一文状態でアメリカへ消息も良く判らず時々作品発表。
と、まあなんだかエライ事になっております。
でも、来年3月には三十数年振りにパリでコンサートを演るっていうし、これを契機に是非とも完全復活していただきたいですな。

最後に、ゴク最近(らしい)のミッシェル・ポルナレフ様の写真です。
おお、
ワタクシのかつてのアイドルは、どんなカッコイイ親爺になっているのか。



















img02.jpg


     …。


     …アンタ、なにやってるんスか?



スポンサーサイト
コメント:7  トラックバック:1
2006/10/26(木) 14:43 札幌アートステージに出演致します。 ライブのお知らせ方面
11/3・11/23の両日、
Katsuo
(西舘克男)の演奏に参加致します。



『札幌アートステージ』というイベントです。どうやら結構大きいイベントらしいです。ラジオ(FM AirG)やらTVなんかでイベント告知をバンバン流してます。
演奏場所は『地下鉄大通駅』とか『札幌駅前JRタワー』なんで、お買い物のついででケッコ-でございます。皆様応援の程をヒトツ…。

でもって、今回のメンバーは
メインの西舘克男引頭英樹(per)、ワタクシMARU(b)に加え、
ギターの横沢ヨリカズが参加致します。
前回のLOGはwith斉藤雅子で『三蔵法師御一行』として演奏しましたが、
今回はオトコが4人だからねえ。
ま、『チャンバラトリオはトリオじゃなくて4人』という意味の全く判らない雰囲気で参りたいと思います。


詳細はこちら!
コメント:5  トラックバック:0
2006/10/24(火) 12:36 10/22 KATSUO with “火吹き竹”マサコ ライブやったぜ報告 
LOGで行われた『件(kudan)』のオープニングアクトとして演奏して参りました。

             2006.10.22 KATSUO

今回はいつものサポートメンバーに加え、クラリネットの斉藤雅子が飛び入り的に参戦。
なんせ雅子の出演決定が2日前。練習無しの上、内容は楽屋で茶飲み話と共に伝えられるという、セッションぶっつけ本番・いてまうぞコラ的なスタートでしたが、意外にノリ倒しての好演奏となりました。

LOGの楽屋
※田舎の婆ちゃんの家ではなくLOGの楽屋。
メンミツな打合せをしているようにはとても見えないワタシラ。
見ようによっては
三蔵法師とお供の3人ですな。


さて、そしてメインアクトの『件(kudan)』登場。
Kudan

ニューアルバム『ソラヤマさんにあいにゆこう』を引っさげての北海道ツアー。
出番前『北海道は寒い!』を連発しておりましたメンバーも演奏が始まると、ワタシラに確かなテクニックと『裏付けの有るキャリア』ってえ奴を存分に見せつけたのでありました。
CDを聴いてみるべし!  

しかし、ベースの中原THAI氏はイイ音させてたなあ。
『えっ?同じアンプだよね?』って感じでした。


『件(kudan)』のステージが終了した時点で既に深夜0:00をまわっておりました。『おねむなの。ワタシ』と言い始めた雅子を始め、メンバー全員この日ばかりは打ち上げもそこそこに撤収しましたとさ。

お疲れサンでした!

  s-CIMG1851.jpg
※次回KATSUOは11/3のアートステージ札幌に登場します。乞うご期待!



あ。
そういえば、本日(10/24)はワタクシのお誕生日でした。
バカボンのパパを追い抜いてしまった。



コメント:6  トラックバック:0
2006/10/19(木) 23:40 皆さまに御報告いたします。 バンドマン日誌
祝!配管工事完了!

いやあ~、御報告が遅れましたがね、
御心配をおかけしておりましたワタクシの部屋の配管工事。
先日終了致しました。

いや、わかってますよ。
だーれもそんな報告待ってなかったし、別に御心配もしていなかったのは。
ですがね、ケッコ-めでたい感があるんですよ。アタシには。

だって、ライブの本番が終わって、さあ打ち上げだカンパーイ!とかいう時に
『あ、エート、俺そろそろ…』
『え?どうしたの?具合悪いの? ハハ~ン、女だな?』
『いや、お風呂屋さんが閉まっちゃうんで…。』
『風呂屋って銭湯? フーン。…… お疲れ!がんばって!

などと、いわれの無い励ましを受けなくてもいいんだもの。
で、ライブ会場からトボトボ銭湯に行ってさあ、替えのTシャツ忘れてさ、風呂上りに繊維の限界近くまで汗を吸い込んだステージ用の派手目の服を再び着て帰ったりとかね。
あと、食器を洗ってて『油切れ悪っ!』とか言って、
しまいに洗うの億劫になって来て、皿にラップ巻きつけて使ったりとかね。
ええ、巻きましたよ。箸にも。

もうそんな日々ともお別れです。
アリスの『帰らざる日々』のサビメロです。
それをメデタイと言わずしてなんと申しましょう。
皆さまも工事の完了をコトホイデ下さい。

しかしまあ、2ヵ月間に及ぶ『お湯無し生活』。
始めの内は、意外になんとかなるじゃん等と思っていたのですが、上記のような事が有る度に、すこーしづつ効いて来るんですな。ボディブローのごとく。
でも、出なくなったのが『単にお湯だけ』で良かったよ。
出ないのが『水』とか『ガス』とかだったら、ボディブローどころじゃないもんね。
この前、じゃいあん青木に教えて貰った『先行者』の中華キャノン並みの破壊力だもんね。

「ビ~ム ビ~ム ビ~ム」

皆様も普段当たり前に使っているアレコレを、感謝や畏敬の念をもってお使い下さい。
コメント:4  トラックバック:0
2006/10/16(月) 11:28 『ほっとけNight!』10周年イベント終了 ライブやったぜ報告 
告知致しておりました『FMおたる ほっとけNight!』のイベント。
ウィングベイ小樽のネイチャーチャンバー特設ステージで催されました。
ワタクシ自身、小樽での演奏は久し振りでしたし『ジゾウマサユキ&リトルガンボ』では初の小樽登場と相成りました。
リトルガンボ ほっとけNightイベント

しかし、ここのステージ(ネイチャーチャンバー)は気分が良いですな。
バックに小樽の港風景、客席側正面は開放感溢れる吹き抜け。
音響的には随分と音がマワル場所ではありますが、この日のPAはタカハシ師匠だもの。ゼーンゼン心配いりません。
しかも、ステージの四方が池に囲まれた水上ステージ。
その気になればボケ放題にボケることすら可能です。
まあ、出番15分と短い演奏でしたが楽しく務めさせていただきました。

そもそも、このイベント参加のお話はワタクシが『ほっとけNight!』のパーソナリティを一時引き受けておりました事から、『何?10周年?そいつあメデタイねえ。おーい、誰かいないかい?(ポンポン)祝儀をはずんでやんな。祝儀を。』と思ったのですが、なにせ配管工事費用にも事欠く有様でしてね。まあ、体を使っての御奉仕をということで、演奏して来た訳ですよ。

で、イベント総合司会の佐々木トモちゃんのオープニングでイベントスタート。

20061016162454.jpg
※メインパーソナリティのトクナリさん。
この日のテーマは『白き熱唱』


20061016163220.jpg
※『TOKIO』を熱唱するホッチョ。
パイロットを狙ったらしいが、どちらかというと手配師のオヤジ。


20061016163541.jpg
※おお。ERIがスカート履いてる!
ちなみに頭の髪飾りは
『ぼよよーん』ってならないタイプ。


われわれの他にも、番組ユカリのミュージシャンやアーチストが多数出演、久し振りにスタッフ・関係者の面々とも顔を合わせて和やかムードのイベントでございましたが、驚いたのはお客さんの多さ。数年前に1年弱しか喋っていないワタクシを覚えていてくれたリスナーも沢山いらっしゃって、10年の歴史恐るべし、ほっとけリスナー恐るべしの感を新たに致しました。
20061016164054.jpg

10周年誠におめでとうございます!

                      (あっ、ジゾウ、写ってる写ってる。)



コメント:4  トラックバック:0
2006/10/11(水) 22:20 10月の出演予定(詳細決定分) ライブのお知らせ方面
10/15
FMおたる『ほっとけNight!』
10周年リスナー感謝祭
 
『ジゾウマサユキ&リトルガンボ』でゲスト出演します。
ウィングベイ小樽・ネイチャーチャンバーで14:00からです。


※FMおたるの公開録音イベントですな。演奏時間はそんなに長く無いけど、
小樽方面の皆様お立ち寄りください。
この『ほっとけNight!』っていう番組とワタクシは因縁浅からぬ関係でしてね。
一時期はメインパーソナリティ・トクナリさんの代打として、修学旅行で買った木刀ばりに無駄な話を毎週小樽の皆様にお届けしたりもしていました。
しかし10周年ねえ。ケッコー早いもんですなあ。


10/22 
『件(Kudan)』ライブに西舘克男と共に参戦!
 
おなじみ LOG で20:00スタート・チケット2000円です。

※今回のメインアクター『件(Kudan)』は、『BILLIKEN』、『古井戸2000』に在籍していた橋本はじめさん率いるバンドです。
ニューアルバムを引っさげての来札であります。
CD聴いたけど、なんだかオーラがもの凄そう。

迎え撃つ札幌勢は
西舘克男
ベースにワタクシMARU、Perに引頭秀樹のトリオでお送り致します。
他に『英佑一』『高橋真樹』も出演予定。
うわ、なんだこの濃いラインナップは!LOG長津さんの企みか?

静かに火傷する、っていう感じのライブですな。
乞うご期待!



コメント:7  トラックバック:0
2006/10/09(月) 02:44 当時の先生は今の俺より年下だった! バンドマン日誌
出身高校(当たり前か)の同窓会&同期会をハシゴして来ました。

昼間は同窓会(他の世代もみんな集まる奴ね)。
ワタクシはこの学校の1期生でしてね、他の代は450人とか居るのに、何故かワタシらだけが半分以下の180人。
こうなると1期生は絶滅危惧種というか、もうアレね、珍獣
中華料理とかなにかの食材に使われそうな存在ですな。
まあ、札幌で音楽活動してますっていう後輩とも逢えたし、和気アイアイのムードでよかったですよ。しかし敢えて苦言を呈するならば、同窓会役員の後輩諸君、立食パーティーの時はワタシら用にシルバーシートを設けてくれ。

で、そのあと場所を移して同期会(で、こっちは皆同じ年齢ね)。
こっちの方はワタクシも幹事の一人でございました。(9/10日誌参照)
こんな少人数の同期会でも、開催にこぎつけるまでってのはケッコー大変なモンでしてね。『連絡先不明』だの『安否不明』だのっていう人々を捜し出すのから始まって、準備期間が短かったもんだから、もうドタバタ。
なにせ直前まで場所も決まってなかったんだもの。
A坂、お前だよ『まあ1軒目は居酒屋で良いんじゃねえの?』とか言ってたのは。結局ホテル押えたけどね。居酒屋ってアンタ…。
同期会の筈が『中年お見合いパーティー』みたいになる所だったじゃねえか。

ま、それでも意外に多数の連中が参加してくれて良かったけどね。
久し振りに逢う友人達、人によっては卒業以来ってのも有りましてね。
で、当然の事ながら高校時代と頭髪量関係とか豊満関係とかのルックスが違う。
そうすると、ヤッパリというか当然というか、『誰だい?アイツは』っていう存在が居るわけよ。
そんで、その存在がワタクシだったらしいのよ。
どうやら豊満関係の予想基準値をオーバーしてたみたいでね。
小学校も中学校も一緒だった女性に
『どこかヒトツでもパーツを残しておけ』
などと言いタレられてしまいました。

そしてその後、当時の思い出話や近況の話、及び触れられたくない過去等への傷口エグリ合いをサカナにして2軒3軒と呑み歩いて、気付いたら午前3時コース。昼間っから12時間も呑んでました。
さすがにくたびれたけど、久々に楽しい楽しいだけで行けた酒でありました。

同期・同窓の皆様、またやろうね。
でも『じゃ来月に』とか言うのは勘弁して。


コメント:10  トラックバック:0
2006/10/03(火) 17:20 新バンド構想!でも厳しいツアーとかは無理。 バンドマン日誌
昨日、パーカッションの千葉正人からメールが来ました。

From:Chiba
本日より喘息業界の仲間入りが決定いたしました。まだまだ無知のため、この業界わからない事だらけですが、よろしくおねがいします



ウェルカーム!喘息(ぜんそく)ワールドへ!
そう、ワタクシも喘息患者であります。しかもケッコウ重度みたい。
過去に救急車でのお出迎えも数回。2度ほど『あ、こりゃアウトでしょ』みたいな事もありました。
別に爺ちゃんが花畑で手も振ってなかったし、走馬灯らしき物も見えなかったけど、目が醒めたら体中が管だらけでした。最近じゃあ1~2日の入院なんぞは『ちょいとソコまで行ってくらあ。』ってなもんです。
病気に馴れちゃってる、最悪の患者像なわけですよ。

最初に発症したのが10年くらい前かなあ?
とあるスタジオでレコーディング中でした。風邪気味だなあと思っていたら、
あれよあれよと言う間に呼吸が苦しくなって七転八倒。
それ以来、ずうっとゼンソクです。毎日エライ量の薬を飲んでます。
まあ、タバコを吸うわ酒を呑むわ夜更かしをするわで、しかもドレもコレも人並み以上だもの、別に喘息じゃなくても『機械の体』を求めてスリーナインに乗り込もうと思うくらい、健康体からは離れて行ってるがな。

しかし最近、ミュージシャン関連を始め、周囲に『喘息になりました』とか『実は私も』とかいう人がヤケに多い。
うーむ。今ツラツラと思いついた顔ぶれだけでもバンドが作れるなあ。
ヴォーカルがクニちゃん、タイコが千葉、鍵盤が栂嶺レイ、ハープがタムゾー、ベースがワタクシ。
おお!あとはギターがいれば
喘息患者バンド『THE 呼吸困難』ができるぞ!
誰かギター弾きの奴が喘息になんないかな。
そこのアナタ、喘息になってみませんか?
ステージドリンク代わりに気管支拡張剤をグッとやりつつ、全国の健康野郎どもを恐怖のズンドコへ叩き込もうではありませんか。
自薦他薦は問いません。



以上、ワタクシの開き直りとも取れる喘息バナシでした。

まあ、なっちゃったモンは仕方がないしねえ。心配したりしてくれる人はいるけど、替わってくれる人は居ないわけだから、ジタバタしてもショーがない。
ま、気の持ち方ですな。『病は気から』とはよく言ったもんだ。





コメント:5  トラックバック:0
 Home 


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。