08


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


10

いらっしゃいまし。ベースのオッサン、MARUのアレです。
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/27(水) 07:44 母コアラ鼻・危機一発 バンドマン日誌
イキナリなタイトルで何のこっちゃ解からんでしょうが、母・ワタクシ・妹の
3人は鼻の形状が『ユーカリ食ってる時のコアラの鼻』によく似ております。
で、『コアラ鼻一家(自称)』です。(そんな自称が必要か?)
しかし、ユーカリの葉しか食べないって…。
コアラよ、もっと精のつく物食え。ユーカリとの関係もうまくいって無いようだし。

そして先日早朝の事、東北コアラ鼻こと山形在住の妹から、母の具合が悪いらしいとのTEL。心配になって母の家に行ってみると『胃が痛くて痛くて一睡も出来なかった』と、かなりツラそう。彼女なりに『なにか応急処置を施さなくては』と思ったらしく、何故か血圧を計ってました。
胃だろ?痛いのは。
しかし、尋常な痛み方では無いらしいし、何より年も年なんで、なにかヤバイ病気では?とワタクシも若干ビビリつつ、二人揃いの鼻を並べて病院へ取敢えず急ぎました。
胃カメラ等の検査があるとのことで、ワタクシは一旦仕事場へ。連絡を待つことにしました。

数時間後、母から電話が入り
『ちょいとぉ、虫がくってたのよ』
『虫くい?』 

アナタは婆ちゃんの形見の着物かなんかか?とツッコミつつ話を聞くと、前夜食べたヒラメの刺身に寄生虫が居て、そいつが胃壁に食いついていたらしい。

20060927074357.jpg
※これが記念にと持ち帰った寄生虫。全長は4~5cmほど。

ワタクシも母当人も『へえー、いるもんだねえ』という感じでしたが、
診立てたドクターは、
①いきなり痛み出した
②激しい痛みだが、インターバルがある(痛んだり止まったり)
③なにより前日に刺身を食べている。
以上の諸症状から一発で『ああコリャ虫だね』との結論を導き出したらしい。

寄生虫を撤去した母は痛みも無くなったらしく『昨夜寝そびれたから眠い』と言ってグースカ眠っておりました。ワタクシも『あなたが噛んだ胃壁が痛い♪~』などとベタな歌を口ずさみつつの午後3時でした。

どこの御家庭にもあるであろう『母伝説』。
当家もその歴史に新たな1ページを刻みました。
まあ、大事に至らなくてよかった、よかった。




※『虫・食いつき中』のとてもイヤな胃カメラ写真もございます。お好きな方には匿名にて密送致します。

スポンサーサイト
コメント:8  トラックバック:0
2006/09/25(月) 12:00 新キャラ『おらおらマサユキ君』登場! ライブやったぜ報告 
『ジゾウマサユキ&リトルガンボ』に参加、LOGで演奏して参りました。
ジゾウ&姫ジゾウは1年2ヶ月ぶりだというLOG。(まあ、ワタシャ先週も演ってましたがね)

それでジゾウのテンションが、なにか高い。体温すら1℃ばかり高そうだ。
初めて見たジゾウのポーズ
久し振りの小屋で気合が入ったか?いいや、それだけでは有るまい。
ワタクシはピンと来たね。
『ビールだな』
実は前日、ヴォーカリストの日実花ミナの自宅庭で『秋の焼肉大会』をやりましてね。夫君がもてなしにと『小樽ビールの生ビールサーバー・しかも2種類・ジョッキもあります』ってえのを大量に用意してくれた訳ですよ。
普段は『その他の醸造酒(発泡性)』等のガソリンで動いているワタシラにとって、これはまさにハイオク満タン状態。
姫ジゾウ・スパーク中
ましてビールの燃費効率が中古のロシア製戦車並みといわれるジゾウにとって、なにをか言わんやというやつですな。
それで、次の日のLOGまでその勢いを持ってきちゃったと。

さらに出番前に中華料理屋のチンジャオロース&生ビールで加速をつけて、
ライブスタート!
2006.9.23LOG
※本日は佐藤あつし欠席につき3人での演奏。
一曲目のカウントから、なんだかいつもよりテンポが速めなジゾウ。

第一段階
※お?ノボリ始めたな。

第二段階
※イイ感じだけど、テンポ速くない?ねえってば。

変身完了
※遂に『おらおらマサユキ君』に変身完了。

とまあ、『大人のステージ見せようぜ』とか言ってたのとウラハラに『お前ら付いて来い!』的なステージでした。本来ワタクシはソッチ系の人なんで、すぐに『あ、その話のった』という態度でイキましたがね。なにせ年甲斐もなく大汗かきながらタンクトップ姿で演奏しちゃったもの。
若い共演者たちの『あれはランニングシャツと表現すべきだよなあ』という批判的なマナザシの中で。
20060925114228.jpg


なにはともあれ、イキオイづきました『リトルガンボ』。
次回10/15のウィングベイ小樽での『FMおたる ほっとけNight』のイベントに向けてこのテンションで参りましょう。





他の共演者達の事も書きました。続きのページへGO!
                       


続きをどうぞ

コメント:4  トラックバック:0
2006/09/22(金) 01:03 西館克男 at LOG(9/18) 終了! ライブやったぜ報告 
この日は4組ジョイントでした。

まず一発目は『ビンセント』
バンドなのかと思ってたらエレキギター弾き語りの若いロッカーでした。
カツオ君が『ケッコー好物である』旨を言っておりました。
※しかし、『ビンセント』というと、ワタクシが中学1年生の時の英語教科書に登場するメインキャラクターの名前だったなあ。教科書のビンセント君の相方は『スタニスラス』。
『ビンセント&スタニスラス』ってアッチじゃメジャーな名前なのか?
なんだか『格之進&助三郎』的な感じだが。


で、御大・長津さんが登場。
長津さん
※この人のステージでの『間』の取り方。うーん、まだかなわないなあ。

そして、冬眠から目覚めた男達、『なべもん』
なべもん
※出番待ちで呑み続ける二人。凶器準備集合罪適用だ。

いよいよオーラスに西館克男登場!
9/18KATSUO
※西館克男(VO・G)
  引頭秀樹(Per)
  MARU(b)


旧友の『なべもん』とジョイント。客席にも久し振りな顔があって、イイ感じの盛り上がり方でした。
打ち上げもイキオイ同窓会の雰囲気になってしまった。
ガンガン呑みながら静かに溶けて行く渡辺氏を眺めつつ、『なんだかワシラは結局変わんないネエ』などと、ジジイのノスタルジィ的な事をほざいて本日は御披良喜 !
ワタクシは風呂屋へGO!(まだ直してないんだよね。)






コメント:2  トラックバック:0
2006/09/18(月) 10:08 ジゾウマサユキ&リトルガンボ/お祭りナイト ライブやったぜ報告 
ライブ報告は2回連続の『リトルガンボ』です。
場所は江別市の錦山天満宮。神社の秋祭りってえ奴でした。
我々は『民謡ライブ』『素人カラオケのど自慢』に続いてステージに登場。
ケッコーお客さんの反応も良く、リラックスした良い演奏でした。
9/16江別錦山天満宮
これこれ、紅白の幕!こうでなくっちゃいけません。
客席は祭り見物のオトーサンオカーサンや子供たち。群れ並ぶ夜店の列と酔っ払い。『ここは一番キメなくては』と気合をいれる中学生高校生のガキども。
こういう雰囲気の中での演奏は、ワタクシ大好きです。
歌舞音曲を演ずる者として『祭りの演しもの』は基本中の基本であります。
そう、祭りの日は『ライブ』ではなく、あくまで『演しもの』です!
(俺よ、なにを興奮しておる)

CIMG1623.jpg
※出番前、お世話係りのオバちゃん達手作りの夕飯でくつろぐワタシら。
オーラ無さ過ぎ。

トクナリ・ホッチョ&ERI
※司会のトクナリさんとホッチョ・エリのナッツハウスチーム。
 エリが『スナックで歌う体育教師』風味。


じつはワタクシは会場の江別市在住の友人が多く、この日も数名の友人知人が
顔を出してくれました。
そしてこのブログを読んでくれているらしい(特に女性陣)人々の中に
『目ダマを舐められているのはどの人?』
(いや、日常的では無いと思うけど)

とか、
『何味なのかしら』(味が有ったらイヤだろう)
と、佐藤あつしに興味深々の人が何人かおりました。
ニューアイドル誕生か?
韓流から眼流へ時代が移る気配。
今後の佐藤あつしをマークせねば。


コメント:9  トラックバック:0
2006/09/15(金) 02:11 ジゾウマサユキ&リトルガンボ/atフライアーパーク終了! ライブやったぜ報告 
大変遅くなっちゃいましたが、
9/10フライアーパークで『ジゾウマサユキ&リトルガンボ』の演奏をやってまいりました。
9/10リトルガンボ
地蔵マサユキ(VO・G)
佐藤あつし(G)
姫じぞう・マキコ(P)
MARU(B)

      というメンバーでした。

8月の『やりまくり特訓的ルスツリゾート短期集中5ステージ演奏』のお陰か、なんだかヨユーの有る演奏でした。なにせ地蔵がブルースハープを披露するわ、アツシが地蔵のMCに小声で軽ツッコミを入れるわ、見ていた皆さんには判んないだろうけど、ワタクシ的には『へえ。コナレテ来たじゃん』てな感じでした。

大丈夫。僕らが見ているからね。
※地蔵のブルースハープスタート。
『政伸の初舞台を見守る高嶋忠夫と寿美花代』の様な表情のワタクシと姫じぞう。


CIMG1619.jpg
※共演した『鈴木長武&ケージロー』の二人。バンドスタイルも見たいですな。


で、演奏後軽く打ちあがりますかってんで呑んでる内に、コンタクトレンズのお話になりましてね。
ワタクシは御存知の通り四六時中のメガネ使用者なんだけど、地蔵・マキコ・同席した清美ネーさんも、皆目が悪い。そしてコンタクト使用者が2人も居やがるんですよ。
あたしゃあ、コンタクトは生れてこの方使ったことが有りません。
だって、目の中へ異物を入れるんだよ。眼球に指が迫って来るんだよ。
あー、無理。
普通じゃありません。
誰がなんと言おうとイケません。
どう考えても体の為によろしくない。
その上、『レンズが目玉の後ろに回る』だの『白目の所をチョット触る』だの、正気の沙汰では無い。およしなさい、およしなさい。そのようなアサマシイ姿、御両親がお嘆きになるよ。

等とコンタクトレンズ派への説得を行っていると、

佐藤あつしがイキナリ

『僕、女の人に目玉を舐められたことがあります』

と衝撃のカミングアウト。
それを契機に話題が大人方面へと移りつつ夜は更けていったのでありました。




やっと10日のライブ報告書いたぜ、と思ったらすでに明日(16日)江別でライブだあ。お祭り会場だからみんな来てね。
コメント:0  トラックバック:0
2006/09/10(日) 14:37 『共に白髪が生えるまで』って夫婦生活短くねえ? バンドマン日誌
最近高校時代の同窓会とか同期会があるよ、ってゆーので久し振りの人々から連絡が有ったりしてます。
ま、フツーに『子供がどーの』とか『ダンナがどーの』『病気が』『仕事が』
というやり取り&『お互いオジサン・オバサンだよね』的な話になりますな。

でも中には
『オジサン・オバサンて、誰がよ?』みたいな事を言ったり、そう言われると明らかに不服そうなツラをする人がいますが、

諦めろ。
お前等はオッサン・オバハンだ。


己を認めない人はハタで見ていて結構ツライですな。
※特にこの抵抗値は女性の方が高い気がします。子供の友達とかに『○○ちゃんのオバチャーン』とか言われる機会が有るだろうに、いい加減に馴れなさい。

でもまあ、わからんでもない部分はあるけどね。
きっとガキの頃(10代~20代の前のほうね)に思ってた『大人』のイメージと、現実の自分がズレてるんだよね。
かくいうワタクシも、『アレ?』みたいなのは有ります。

ワタクシの抱いていた、オッサンの誤ったイメージは、
☆オッサンはお金持ちだ。
※そりゃあ高校生とかよりは経済的に優れてはいるけど、イメージしていたほどの経済力は無いねえ。こないだなんか20歳の共演者にタバコ買って貰いました。そして未だ配管も治らず。

☆イージュー(30才)過ぎてバンドは演ってないだろう
※10代の頃思ってたけどね。そのラインの引き方がなんでか判んないけど。

☆35歳以上の人はS○Xしない
※これも誤ったイメージですな。“むしろ今のほうが”だったり“なかなかどうして”だったりします。ワタクシなんぞもまあ大変なもんで、『セレブな人妻からのメッセージ』だの『寂しいの。TEL下さいね』とかいうメールが、毎日何十通も全然知らない人から送られてきます。

☆大人は、なにかこう、有価証券とか貯金の類を持っている。
※ねえよ。

と、まあ間違えたオッサン像を若者や子供は持ちがちですな。
楽器も、もーちっと巧くなると思ってたんだがなあ。
そしてこのズレが、人をして『自分がオッサン・オバサンと呼称されるのは甚だ不本意である』と思ってしまう原因でしょう。

でもワタクシはケッコー好きですがね。オッサン的ポジション。
妙に居心地が良い。きっとオッサンに成るべくして生れて来た『オッサンエリート』なのかもしれません。

今日はライブ本番であります。
干支がひと回り違うジゾウマサユキと、更にそれより若い佐藤アツシと共に
ガッチョリ大人気ない所を見せて参ります。


コメント:7  トラックバック:0
2006/09/07(木) 13:47 9月度出演予定 ライブのお知らせ方面
地蔵マサユキ&リトルガンボ
歌う夫婦善哉・地蔵マサユキ&姫ジゾウを中心に佐藤あつし(G)、ベースにワタクシMARU、時々ジャカラシカの千葉くん(per)が入ります。

9/10 フライアーパーク 
                1500円(1dr付)19:00~ 

※(ワタクシは)2ヶ月ぶりのフライアーパーク。『ルスツ合宿(?)』の成果を出せるか?


9/16 江別錦山天満宮の例大祭 20:00~

※まあいわゆる、神社の秋祭りですな。別に入場料とかある訳じゃないんで、祭り見物がてらユックリお越しください。ここは学問の神様らしいので、その効果を狙うもよし。


9/24 LOG 
                1500円(1dr付)20:00~ 

※ワタクシ自身、一番思い入れの強いお店であります。新店舗移転後、地蔵君は初めての登場。
って、お前結構時間たってるぞ。



西館克男
先日の琉吉ライブに続き、Katsuoが吼えます、泣かせます。

9/18 LOG 
                1500円(1dr付)20:00~ 

※今回は『なべもん』とのジョイント。Katsuoもそうだけど、なべもんの二人とも長~い付き合いです。特にVO門前とは空白の10年が有ったんで、スゲー楽しみです。Katsuoと門前のオッサンVO二人をまだ知らない方は見ておいたほうがいいよ。

ほぼ毎週どっかで弾きたれております。是非お越しください。
みんなで呑んだほうが楽しいですし。
(なんてシメ方だ)

コメント:5  トラックバック:0
2006/09/05(火) 07:41 西館克男in琉吉 終了! ライブやったぜ報告 
この日、ワタクシは2ステージ通しの演奏でした。

まずはオープニングゲスト、『フライングポーポーブラザーズ』で演奏。
9/3フライングポーポー
パーカッションにKatsuoバンドの引頭秀樹を、例によって当日の参加依頼にてフューチャー。
新ネタ2曲を含んでの演奏でありました。

そして西館克男登場
9/3西館克男
もう彼とはJAKARACIKAも含め、随分長い付き合いです。お互い20代の前半に出会った時に、『うわっ!なんだコイツのポップ感覚は!』と思い、腹を見せる服従のポーズを取ってしまったワタクシでした。(当時ワタクシはギタリスト)
それから後に『MARUさん、一緒にバンド演らない?』とか言われたとき、
実は心の中のミニ・アンパイアが右手を廻して『ホームラン!』とコールしているのに、一応年長者のヨユーも見せねばと思い『ん?ジャカラシカ?まあ入ってもいいけどな。』みたいな事を言ったのを思い出します。

で、今回のステージ、
西館克男(VO・G) 横沢ヨリカズ(G) 引頭秀樹(per) MARU(B)でお送りしたわけですが、
悪人顔

何?この全員がVシネマ的な悪人ヅラは?

いやー、メンバーが手にしているのが楽器でよかった。武器関係も似合うが、
何となく農機具とか似合いそうだ。あ、『みんなで葉巻』もイケるな。

そしてジャカのVOクニちゃんも登場、琉吉ライブ恒例の参加者全員入り乱れてのセッション大会へとなだれ込んで大団円、盛り上がりまくってのとてもHAPPYなライブでございました。
9/3katsuo&kiniko

9/3セッション

お越しの皆様、お楽しみいただけましたでしょうか?
そして現在自宅のお湯が出ないワタクシは、8/31日誌参照
『お風呂屋さんが閉まる前に帰らなくっちゃ』などと70年代フォーク的に
帰宅したのでした。









~今週の゛唄う宗教"
9/3今週の唄う宗教
※なにかに祈りを捧げているとしか思えない琉吉シャチョーとクマちゃん。それは何やら神々しい。
コメント:6  トラックバック:0
 Home 


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。