05


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


07

いらっしゃいまし。ベースのオッサン、MARUのアレです。
2014/07/01(火) 08:29 御礼 ライブやったぜ報告 
先日のゲンキグミ3周年ライブに御来場・御共演・御スタッフ・御酔っ払い頂きまして誠にアリガトーございました。



まだ明るい内からの演客一体となって、ビール片手にゲハゲハ笑いながら演るライブは最高でしたな。

今週も昼酒→寝落ち→夕酒→演奏→夜酒→寝落ち2→サッカ-観戦→寝落ち3というサイクルは守られました。

誠に喜ばしい限りであります。


そしてワタクシはW杯サッカーを見続けているワケだが。
決勝トーナメントの試合はどれもスゲエなあ。
どうしてこんな人達相手に 『もしかしたら勝てるかも』などと思ってしまったんだろう。
スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
2010/06/18(金) 17:43 今年も大団円で。 ライブやったぜ報告 
いやあ、今年も無事終了いたしました。

『高田渡を歌う会』 です。

この前の出没予定で、『KATSUOでは2年連続2度目の出場』 とか書きましたが、バンドとしては栄えある初出場であることを関係各方面から御指摘いただきました。

そーかあ。
自分がずーっと出ていて、昨年は引頭英樹が一緒に出てたから錯覚していたなあ。
なんか、甲子園初出場のチームに紛れ込んだ年齢詐称のテンプラ学生みたいであります。

まあ、そんなビミョーなルーキー状態のワタシラでありましたが、
渡さんをリスペクトして彼の出世作・『自衛隊に入ろう』 をKATSUO流にブチかまして参りました。
(動くワタシラはこちら↓)
動画:6/12 高田渡を歌う会 『自衛隊に入ろう』

そして本日のメインアクト・『ヒルトップ・ストリングス・バンド』の皆様。
s-P1040534.jpg

既に『伝説の』という冠詞をつけて語られる大ベテランのお三方。
いやまあ、なんつーかモノホンの凄み、とでもいいましょうか。、
『柔らかくて力強い音(矛盾してないぞ!)』 ってのはこの方々の音でありましたな。

んで最後は、ヒルトップの皆様の演奏でもって出演者全員で大合唱。

s-P1040556.jpg

出演者・お客様揃って大ハッピーなイベントでありました。

ワタクシ個人的には、ヒルトップのベーシスト・大庭珍太さんにヤられましたなあ~。

珍太さん

まず、リハ&楽屋で 『あ!あのビデオで弾いてたAMPEGのベースだ!』 ってんでドキンとしましてね、
唄いつつ弾いての演奏を聴いて 『俺は将来この路線を目指すのだ!』 などと一人で盛り上がってしまいました。

で、このワタクシの想いを一緒に出てた同級生ベース弾きの今本テツに熱く語ったら、『そんな凶暴な音を出しておいて何を言うか。タワケ者め。』 などと鼻で笑われてしまった。

イーんだもん。
希望を持つのは勝手だもーん。

ワタクシは、大きくなったら珍太さんになるんだもーん



あ。
でも…。
すみません、珍太さん。
髪型だけは別でもイイっすか。







才谷屋店主・モーリーがお送りする

今週の 男の名言



『高田渡を歌う会』 の舞台裏には毎年の不文律があります。

それは、酔っ払いに非ずは人に非ず

楽屋は、さながら居酒屋店内の様相を呈しています。

そんな中、

最もタチの悪い酔っ払いと定評のあるモーリー氏がイイこと言った!



mo-ri
『かっぱえびせんは日本の宝だ。』


この言葉に文句の有るヤツは一歩前に出ろ!

この俺様が相手だ!


(ジーパンとドラゴン丸山および酔ったアキラさんを除く)














コメント:3  トラックバック:0
2009/12/31(木) 10:45 皆さん、良いお年をお迎えになった方がいいですよ。 ライブやったぜ報告 
いよいよオーミソカであります。
皆様も、本年の仕事も終わってノンビリしたり泥酔したりな事でございましょう。
ワタクシもね、先週末で演奏納め・ライブ納めでありました。

まずは土曜日に、初めてのお店・岩見沢ゆあみのへ乗り込んで、
北海道ツアー最終日の夢野カブさんと久々の共演。

P1020978.jpg

P1030034.jpg

んー。
やっぱりカブさんはカッコいーわ。
R&Rってーのは、魂(スピリット)ですな。
ファッションとかスタイルとか物真似じゃねーぜ、であります。
そこんとこヨロシク、であります。




で、まあこの日も恒例・打ち上げセッション大会&バカ呑みでヘロヘロになりつつ、
翌日は小春南『小春南・忘年ライブ』 に参加、
KATSUO及びワタクシ自身の、2009年ライブ仕事納め だぜい。

P1030112.jpg
※今年最後のKATSUOは、朋友じゃいあん青木がゲストイン。
ヤツの得意技・雄叫びスキャットをワメキ倒す。

P1030140.jpg
※飛び入り的に参加の児玉梨奈との初共演はギター&ベースのデュオ。
隣に立ったらイイ匂いがしたぞ、諸君。

P1030129.jpg
※本年のシメは、白幡シャチョーら先輩達との演奏でした。


てなチョーシで、ワタクシの2009年も終了であります。

今年一年、58本のワタクシの出没ライブにお付き合いいただいた、
お客様・関係者・ミュージシャン諸氏に座して御礼申し上げます。

来年もたくさん遊んで下さいね。





コメント:0  トラックバック:0
2009/09/09(水) 19:45 大敗の後に僅差の勝利。それでも勝ち点3には違いあるまい。 ライブやったぜ報告 
今年の 『KATSUOの皆さん・夏の野外イベント』 を締めくくる

s-P1010708.jpg
『イコロの森・音楽の種まき』


P1010760.jpg
『小樽いか電まつり』

両イベントにお越しいただきありがとうございました。(動画は→コチラ


ああ、今年の夏もやや終わりに近づいているなあ(決して終わってはいないぞ!)
こうして、『ライブ・秋モード』 に入っていくのだなあ…。

などと、迫り来る秋にモノ思いに耽る17歳の娘さん的おセンチさんの
ワタクシでありますが、そんな叙情派生活を吹き飛ばす、
ドロリとした現実 がやって参りましたの。







ワタクシは、普段からネットバンキングってのを利用しております。

まあ、要するにネット上で振込み等の各種手続きをしたり、
己の通帳残高を眺めて溜め息をつくことができる、とゆーヤツです。

んで、先日も
『どれどれ。この前オークションで売れた壊れたデジカメ(何と1300円で買った人がいた)の代金は入ったかな』
などと言いつつ、画面を覗いたところ…。



出金 ○○○○○円
サシオサエ(サツポロドウゼイジムシヨ)



はぁ?

〝サシオサエ〟って… 〝差し押さえ〟のこと?
あの、TVとかでドカドカ人が家に入ってきて変な札貼って行くアレ?
アレで口座から出金されたってーの?

金額はまーまーのギターとかが買えちゃう位。
まあ、真面目な生活態度で生きて来たとは言えないワタクシではあるが、
『差し押さえ』 は初体験であります。

一体、ワタクシの身になにが起きているのか。

取るものもとりあえずゼーム署のしかるべき部署に電話を致しました。

ワタクシ 『どーゆーことですか?差し押さえってなんですか?
      見つけにくいモノですか?カバンの中も机の中も捜したけれど
      見つからないんですか?海は死にますか?山は死にますか?
      風はどうですか教えて下さいィィィ~!!』



と、大慌てのワタクシに対し、
ゼーム署の担当の女性は極めて冷静に説明してくださいました。

曰く、
該当の件は数年前に廃車にした車の車税であること、
廃車手続き時に未払い分の税金が残っていたこと、
以前に督促状を送付してありますので当方としてはいつでも差し押さえる権利を有しております。
延滞金も付加しております。
悪しからず御了承下さい。
今後はお気を付け下さい。


おっしゃる通り!

お嬢さん、確かにワタクシが悪かった。
なにかそんな風な封書が来ていたような気もするが、
興味の無い郵便物は未開封のままゴミ箱へとダンクを決めてしまうという、
個人情報保護法を作った人が聞いたら心底ガッカリするであろう、
ワタクシの根性が悪いのだ。

まあ確かにワタクシの落ち度は認めよう。
しかし、こみ上げてくる感情は抑えられない。
それは、
『俺だけは大目に見て貰いたかった。』という魂の叫びでありました。





と、まあココまで書いて再びネットバンキングの画面を開いたら、

入金 11,800円
タカラクジ トウセンキン


なんと、ATMでおまかせ購入(この銀行はそーゆーのが有る)していた
ロト6で4等賞が当たってました。

なんだかねえ…。



ま、

戦績はコレで一勝一敗っつーことで。

今回は
『引き分け』 ってことにしといてやらあ!!



コメント:2  トラックバック:0
2009/07/14(火) 21:26 ケッコー伸びてました的な週末。 ライブやったぜ報告 
先週のワタクシ的活動報告であります。

えーと、

7/5は 『まるやまミュージックソン』 に新バンド・カンパニーで参加。

CIMG8497.jpg
※ワタクシがギターを弾く(!)こともあるのがCOMPANY。
歳は食っているが我々は新人だ! 関係者の皆様、どぞヨロシク。

この日は、バンド自体が初ライブ・VO みうりんも事実上のデビュー戦・このイベントそのものにワタクシが初参加という、筆おろしネタ満載のステージでありました。

まあ、小さな問題は有ったにせよイイ感じで演りました。
今後のワタシラに期待をしてくれい。

で、この日は別ステージで佐藤K子の歌い姿を久々に鑑賞したり、
出演者合同打ち上げの席では、久々に逢ったジャニス姐さんから
『まあ、初めてなの? お姉さんが色々と教えてア・ゲ・ル 』
などという、お好きな方には堪らない お言葉を頂きつつ楽しく終了いたしました。





そんで、先週土曜日(7/11)はKATSUO御一行さまで、
苫小牧の JAM に半年振りに上陸してのソロライブでありました。

出番前
※出番前のワタシラ。引頭英樹の本日のテーマは 『男の背中』
そして手がYAZAWA。


最近、
この苫小牧という町に呼んでもらうことが多いワタシラでありますが、
やっぱりねえ、〝帰ってきたぜ!〟感を一番感じるのがココですなあ。

ワタシラを応援してくれるマスター・青葉氏(ベーシストでもあるのだ)を始め、
ココに集まってくれるお客さん達も、実に我々を〝その気〟にさせてくれるの。

音響照明設備がどーの、ハコが広いの狭いのとか、
そーゆーことじゃねーのよ。
ライブバンドが燃える時というヤツは。

CIMG8582.jpg
※〝その気〟になってしまったワタシラ。
これで客席を楽しませなければ、ライブを演る資格が無いというモノですな。

んでまあ、
その後は 『JAM名物・お客もバンドも誰も帰らずの大打ち上げ』 に突入。
その上、午前2時近くにやって来たスナックのママさん達にも聴いていただこうってんで、それからステージを再び組みなおして再度演奏。
まあ、この時はその場に居た全員が泥酔者だったがな。

てなチョーシでお開きになったのが、午前4時近くでした。(のような気がする)




そして、ワタクシは苫小牧での常宿であるホテルDへ帰ったのであります。
ここのホテルは所謂ビジネスホテルでありながら、24時間大浴場が利用できますという、正に遠征バンドマンの為に存在しているかのような所でしてね。

まあ、
結構酔っ払ってはおりましたが、さすがに大汗をかいた後でありますので、
フラフラとこの大浴場に向かったワケです。

なんせ時間は午前4時半。
とーぜん誰も居ないと思って浴場に入ったら、
洗い場でオッサンが大いびき。

まあ、風呂だから当然だけど、全裸でM字開脚。

しかも、酔っ払いのワタクシが風呂場でも判る位に酒臭い。

ワタクシの酔っ払い頭が、これって脳卒中ですか?
とか思うのは当たり前であります。

で、(揺り動かすのはヤバイとの判断から)
恐る恐る 『もしもし、大丈夫ですかい?』 とか声を掛けたら、
ムックリと起き上がり何事も無かったかのようにワタクシに喋りかけるオッサン。

話題は、『この前のシモダさんの態度がけしからん。』 と 『私の腰痛対策』。

どーやら酔いが醒めておらずにワタクシを連れの誰かと思っている御様子。

しかもさあ、そのポーズが湯船のヘリに横たわってる状態なの。

なぜか 垂直にチ○コを引っ張りながら

ニョーンって。

けっこうな勢いで

ニョーンって。


楽しかったワタクシの週末は、

謎のオッサンに拠る謎のチ○コ伸ばしで幕を閉じたのでありました。




コメント:4  トラックバック:0
2009/06/30(火) 17:45 バンドマン 蒸かしイモ状態。 ライブやったぜ報告 
『異民の詩 5』
大盛況のうちに終了いたしました!


前回、『次もお蔵だし写真集だ!』 とか書いた気もするけどね、
そのよーな事は100万光年の彼方へ飛び去ってしまったので、
悪しからずゴリョーショー下さい。下さいったら下さい。

さて、

KATSUOのみなさんが企画致します、『異民の詩シリーズ』。
今回は、攻撃型スウィングバンド・D.I.&The HELLHONEYSとのジョイントでした。

前にも書いたけど、
KATSUOとヘルハニが一緒に演るのは何と2年振りなのね。

まあ、
常日頃からお互いのライブを観戦したり、助っ人として演奏参加をしたり、
あまつさえワタクシとヘルハニバンマス・D.I.は 『バナナパンケーコ』 という今は亡きバンドに共に加入していた時期もあったりと、因縁浅からぬ関係なんでね、どーも久しぶりな感じがしませんでしたなあ。


ヘルハニ
D.I.&The HELLHONEYS。
観るたびごとにバンドとしてのノリがパワーアップして行くなあ。
ま、今回は funny (tp) の新婚オーラ のお蔭だと思うがな。




CIMG8461.jpg
※んで、続いて登場はワタシラ、KATSUO御一行。
会場内の余りの暑さに、ワタクシと横沢名人の胸元がセクシー路線で、
ハリー・ベラフォンテとゆー感じであります。(意味不明)




セッション
※そして最期は出演者全員打ち揃っての大セッション大会。
ステージ上の気温が一挙に4℃ばかり上昇した瞬間。




おかげさまで、満員御礼のお客様にお越しいただきました。

その上、ステージには暑苦しさでは関東以北でも指折りのワタシラ。

会場内の気温、ハンパじゃねーっての。
ワタシャ、人前でライブだなんだってのを始めて20年以上になりますがね、
発汗量という点ではその歴代ベスト5には確実にランクインしますな。
LOGのたった一台のエアコンも、
『いや~、アッシも頑張って無理をしちゃあいるんですが、どうにもイケませんや。』
などと、焼け石に水の状態。

御覧いただいたお客様もさぞかし苦しい思いをなさったでしょう。

御迷惑をお掛けいたしました。

とは言え、

・ 夏だ。
・ 立ち見の方までいらっしゃる。
・ 出演がワタシラだ。
・ D.I.のテンションがイヤに高い。
・ しかも会場がLOGだ。


これで涼しかろう筈もありませんので、あきらめなければいけませんね。

ま、タチの悪い犬に噛まれたとか例えとして相応しいかどうか
疑問な事を思いつつ、『異民の詩 Ⅵ』 開催の折には御参加くださいませ。
(まあ、まだやるかどうかも決まってないけどな。)


てなわけで、

ドカドカと先週末も演っておりましたが、

実はワタクシこれより、新バンド COMPANY の初ステージ、
っつーか公開リハ的なヤツで演奏致します。
(似た名前のバンドが有りますが、Steve氏率いる新バンドですの)

まあ、なにせ初披露でありますので頑張って参ります。

では、行って参ります。









D.I.&The HELLHONEYS がお送りする

今週の
 ~ ミステリーゾーン ~



名称未設定-2

終演後、楽屋兼廊下の一角でギター談義をするD.Ⅰ横沢名人

互いのギターを交換するなど、ミュージシャンらしい光景であります。

が、

よーく見ると、そんな彼らの背後に…









       名称未設定-1

D.I.&The HELLHONEYS
ドラムス U-YA



お前は 『偶然写った座敷わらし』 か。


U-YA の現われる家は栄えると言い伝えられています。






コメント:6  トラックバック:0
2009/06/20(土) 09:20 写真が多いので重いです。 ライブやったぜ報告 
皆様、

6/7 『苫小牧・軽音楽フェスティバル』
軽音楽フェス


6/9 小春南での『日暮士歳朗さん』 のオープニングアクト。
CIMG8296.jpg

各ライブ方面にイッパイのお運び誠にアリガトーございました。
あまつさえ、
『あー、貴様ら(KATSUO)の事を色々と書いてやるので質問に答えるように。
ウソ偽りを申すと手討に致すぞ。心して返答致せ。よいな。』

との御達しで雑誌のインタビュー等と言う、ワタシラにはもったいない事件も用意されておりました。
(7/6発売の本であります。詳しくはまた書きます由。)


でまあ、
先週の週末は珍しく、演奏だの人前に出るだのが無くってね、
娘の出ておりました 『よさこい』 の追っかけなどをやってノホホンとしてました。
(御協力戴いた皆様には伏して御礼をモーシ上げます)

そしてまた今週も演奏活動はお休みであります。
まあ、その代わりスタジオ方面にはビッシリ入っておりますけれど。

珍しく時間もあるしってんで、PCのデータ整理などという事をしてましたら、
ケッコーな未公開写真が残っておりますなあ。

てなワケで、
だいぶ前にも一回やったぞ公開! お蔵出し写真集
をお届け致します。



公開NO1 『お前が歌うんかい!』.

omaegautaunnkai.jpg

※なぜか客席でマイクを掴んで熱唱するジョンさらしな氏。
鑑賞のポイントは、演奏陣・客席が彼に全く無関心なことです。



公開NO2 『サンタが頭上にやって来た』.

ukareyokozawa1.jpg

※とても珍しい、横沢名人が浮かれている写真であります。
KATSUOのみなさんの中で、沈着冷静かつCOOL・シブさでファンを魅了する部門
を一手に引き受ける横沢名人が浮かれてます
しかも、サンタを頭上に乗せつつもシブさを失っておりません。



公開NO3 『何してんだ俺よ』.

CIMG6381.jpg

※ライブ後の『イェーイ』な写真の時に、一人怪しい手つきのワタクシ。
どーゆー意味かワカラナイ良い子のみんなは、お父さん・お母さん、
或いは女バンチョーに聞いてみよう!




公開NO4 『辛~い…』.

karai

※そのまんまです。
超激辛ペッパーソース・デスソースのサドンデスとゆーヤツを
ワタクシに騙されて口にしたマサ子とideちゃん。
しかし、ideちゃんがイイ表情ですなあ。
〝はーい、辛い物食べた時の顔してくださーい〟って言われた時の顔だもの。
そしてこの後、ワタクシはデスソースまみれの手でオシッコに行って死ぬ目に逢ったのでした。



公開NO5 『お代官様、ひとつよしなに…』.

Image111.jpg

※悪代官・ジョンさらしな之介に悪事を持ち掛ける廻船問屋ジャイアン屋のあるじ・青木助平
しかも発泡スチロール製トロ箱を前に。
一体、何を頼んでいるのか? 御禁制の品の抜け荷とかか?


以上、今回は5点を御紹介いたしました。

次回も続きである。



まあ、登場人物を知らん人にはドーでもいいんだろうけどな。










ニシダテカツオがお送りする


今週の


〝特集:吼えカツオ〟
~その変遷を追う~




カツオ君はお酒が大好きなバンドマンです。

そして吼えます

今日もライブで吼えただけでは収まらず
打ち上げでも吼えまくります。

名称未設定-1

観客席で吼える




CIMG7682.jpg

共演者と吼える



夜も更け、酒量はドンドン増えていきます。

酒の単位が〝杯〟から〝本〟に変わる頃
吼え方に変化が。



名称未設定-
CIMG6348.jpg




だんだん、〝吼える〟では無くなって行きます。

これを我々研究者は
〝コントのオチ化現象〟と呼んでいます。

しまいには、何だか解からなくなっていきます。



CIMG7459.jpg

いや、子供笑ってねーし。

ビビッてるし。












翌朝のカツオ

          翌朝。


燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな…











コメント:15  トラックバック:0
2009/05/12(火) 23:40 ケッコー大変だった。 ライブやったぜ報告 
ワタクシ、風邪をひきました。

もう10日以上。

こんなにヘビーなのは久し振りだもの。

そんで、おなじみの喘息症状はぜーんぜん出ないです。今回は。

とにかく、発熱
それと、薬による合併症なのだろーが、口内炎。(しかもテンコ盛り)


今を去ること10日余り前でありますが、Steve兄さん達とスタジオであれこれ演った後に
『あれ?この感じは発熱警報?』 みたいな皮膚の感覚がやって来ましてね。
んで、翌朝目覚めてみると39度
股間から生殖機能が失われる音、
それは恐らくワタクシの分身達の悲鳴が聞こえたような気がする。
『お父さ~ん、熱いよお~!!』 とか。

どうしようどうしよう、などと言っているうちに喜茂別町の雪月花廊での
『キャンプ&ライブ・バンド強化合宿』 というイベントへ。
まあ、ほとんど 『運ばれた』 と言う状態だったがな。

喜茂別
CIMG8043.jpg
CIMG8049.jpg

ジャイアンリサイタルは居るわ、エゾサリバンショーは居るわ、
応援団の友達は沢山来てるわ、その上みんなで野外バーベキュー。
こんなに楽しいシチュエーションは無いだろう。
でもね、ワタクシは 70%寝てました
皆の嬌声を遠くに聞きながら、一人毛布に包まって時折『ああ』と『うう』とか呻くのみ、というテイタラク振りでありました。
チクショー。この借りは来年お返しするぞ。
などという強がりも全く出ない状態だったし。


んでまあ、命からがら帰ってきましてね。
それから更に一週間。
寝たきり状態の上、余りの口内炎の酷さから食事と言えば
『冷えたオカユ』 & 『ウ○ダーインゼリー』 のチュルチュルコンビのみ、
食事の時は常におちょぼグチで対応な生活が続きました。



そして、よーやく発熱がおさまって、目下の敵は口内炎と落ちまくった体力だな、
という地点まで来た先週末は 『小樽手宮神社・夜桜ライブ』

手宮神社

ここは、ステージが神社の拝殿(でいいのかな)のどまん前。
そこに下から続く石段と参道が客席で、ワタシラの背後ではカガリ火がバチバチ燃えているという、何とも荘厳かつロマンティックな雰囲気でありました。
ワタシラ KATSUO の前にキッコリーズが出てたんだけど、
三人の紡ぎ出す音・古い木々のざわめき・神社の厳かな雰囲気。

こりゃあ、トトロ 居るでしょ。
っつーか、ここに居なきゃ日本にはいねーでしょ
みたいな感じでしたな。

そんな中、ワタシラはいつものチョーシでギャオーっと演ったのですが、
トトロが機嫌を損ねたのか神様の怒りに触れたのか、電源が全部落ちやがりましたの。
しょーがないので、
篝火の明かりのみでカツオが肉声で唄うという、まあそれはそれでドラマティックな展開もありつつ、何とか演奏終了。
主催の地元有志及び神社関係の方々からもお褒めの言葉を頂戴して、
『やれやれ、さあ帰ってオカユ食べなきゃ』 とか思ってたら、
せっかく小樽まで来たんだからもう一軒やっていこうじゃないの!
みたいな話が出ましてね。

ワタクシも若干ヒルミつつ、『おーし。もうこうなったらヤッタローじゃねーの。』てな感じで
キッチンぐるぐるの満月ライブに飛び入り参加。

満月ライブ

しかしねえ、このヤケクソ・ヤッタルデ!が良かったのよ。
実は流石にヘバリ気味だったワタクシでありますが、帰り道は元気元気。
自ら車の運転まで買って出るほどでした。
恐るべきはバンドマンのアドレナリンでありますなあ。



てな感じの、
さすがにパソコンに向かう気力は無かった2週間のことでありました。
本日現在のワタクシは、ピークを過ぎたとはいえまだまだ痛む口内炎と戦っております。

この期間でね、なんと体重が 8kg 落ちたもんなあ。

以前に友達(♀)が言ってた、
『最強のダイエットは病気と心労よ』
というのが図らずも実証されたわけであります。

まあ、お勧めは致しませんが。


コメント:10  トラックバック:0
2009/04/29(水) 09:10 久しぶりにライブ報告をガッチリ書く。 ライブやったぜ報告 
先週の土曜日は、澄川のModanTimeで演奏でした。

KATSUOのみなさんでお邪魔するのは2回目なんだけどね。
今回は 『モダン・PowerPlay』 と銘打ちました企画に乗っかりましたの。

      4.25モダン

最近ワタクシがすっかり馴染みとなりました〝ModanTime〟ですが、
このお店を切り盛りしつつ、EROTOPIAのヴォーカルで唄いまくるマスター・Mari 氏とワタクシとは、過去に何か有ったのか?と思わせる類似性が見られます。

だってねえ、
ニックネームが 『 MARU 』 と 『 MARI 』 だし、
そんでマスターも元々はベース弾きでしょ、
ルックスもややカブリ気味だし、その上、生まれた年も同じなら誕生日も一緒。
違うのは血液型ぐらいです。
うーん。
こりゃあ、何かあるな。ワタシラ自身も知らん何かが。
当面は、『狂ったマナ・カナ』 とでも呼んでくれ。

で、
この日のライブで会場中がブっ飛んだのが、
超絶ベース弾きのTANK宮本さん率いる 『ビートずる』
      BEATずる

もうね、すっかりヤられました。
演奏テクニックは巧いし、ステージングも素晴らしい。
ズーっと笑わされぱなしのノリまくりだったもんなあ。
演奏面で 『あ。これは完敗だ』 というのは多々有りますが、
MCとトークで、これほど完膚無きまでに叩きのめされたのは久しぶりであります。
これはもっと精進しなくてはなるまい。

      低音不良親父団
※左から ビートずる・TANK宮本さん Erotopia・ナオさん ワタクシ
のオッサンベース弾きトリオ。まともな大人じゃねーなコイツら。



そんで、
明けて翌日の日曜日は 『第4回 高田渡を歌う会』 に参加いたしました。
そっかー、このイベントはもう4回目かあ。
思えばこのイベントに参加して、色々な人々と知り合ったりしたのだなあ。
普段はナカナカ逢えないけれど、毎年コレの時には必ず逢えるという人も沢山いたのね。
しかし、今回をもってこのイベントはひとまず終了!
という首謀者・シモさんの〝慟哭の開会宣言〟がありましてね、
『おーし、そんなら最期はブワーっと演ったろかい!』 的に出演者はオラオラ状態に突入いたしました。

      サザコン
※久々にフルメンバーで臨んだワタシラ 〝サザンコンフォートスウィング〟
パーカッション臨時雇用従業員として引頭英樹(KATSUO)も参加。


      ジョンさらしな
※これまた久々に公の場に登場したジョンさらしな兄やん。
すかさずワタクシは飛び入り演奏。


      シモさん
※そして、ツウショウさん(G)とワタクシの同級生テツ(B)を従えての
首謀者・シモさん。この方が居なければ起こらなかった事が沢山あるのだ。

この他、工藤ヒロさん・モーリーさん(重大発表有り)らの重鎮方面、
ジャイアンリサイタルインターナショナルリトルコンボ亜古木なんかの毎度お馴染み方面に若手連中も多数出演いたしました。


      エンディング

〆て総勢19組出演の大ロングランイベントのオーラスは、
出演者・お客様入り乱れての『生活の柄』 『グッドナイトアイリーン』大合唱で閉幕。

うーん。

来年の春はこの風景が無くなっちゃうんだなあ…。

シモさん、また何かやりましょうね。








〝顔の造りが大きめな人達〟がお送りする

 今週の 『 お前らなんかヤレ~!』 

      CIMG8023.jpg

終演後、居残った若手連中(こだまりな・トラ・赤塚など)に泥酔した挙句、
宴会芸やらムチャ振りの歌を強要する巨顔連合。

一言で言うと 『嫌な先輩』

まあね、

ワタシラもね、やられてきたのよ。

そして、いまだにやらされる時もあるのよ。

かくして、バンドマン体育会系の歴史は本日も続くのでありました。



コメント:0  トラックバック:0
2009/04/23(木) 17:49 あえて写真を使わずに書いてみました。 ライブやったぜ報告 
えー。

先週末のライブもイッパイの皆様に御来場を賜りまして、誠にアリガトーございます。

土曜日のKATSUOはフライアーパーク。
2年ぶりに共演のDRIVEと一緒でした。

『今日はいつもより静かな感じで行こう。アダルト且つムーディーな二の線だ。
例えて言うならフリオ・イグレシアスの吐息で包まれたような感じで。』

とか言って始めたんだけどね、まあそんなスタンスが長続きするわけも無く、
最後はいつも通りに 『ガオー』 な感じで暴れコイたがな。
しかしねえ。DRIVEはイイねえ。
ワタシラはもう、共演だチョーチンだというより彼らの演奏を楽しんだのでありました。


んで、
翌日の日曜はすっかりレギュラー化したおやじランドに参加。


もう数回このバンドのライブに参加しております。
ワタクシ初参加の日はモンゼン(vo&G)が風邪引きで急遽キーを落としての演奏を余儀なくされ、
その次はナオキ(G・こいつはアコギにハードディストーションをかけっぱなしだ)がキンチョーの余り、
出番前に飲みすぎて本番中に撃沈。
今回は何だ?何が起こる?とか思ってましたが、無事に演奏できました。

出番後にナオキが、
『いやあ。何もありませんでしたねえ。
俺はMARUさんが 脱臼とかする と思ったんだけどなあ。』
とか言っておりましたが。
どーしてワタクシだけがそんな大惨事にならなければイカンのか?


てなチョーシで先週も暮れました。

そしてまた今週の出没予定であります。


4/25(土) KATSUO at ModanTime
『POWER PLAY
Modan Time
 札幌市南区澄川3条2丁目ハイツリービル3階 832-0235
Start20:00~ Charge:1000円(1dr付)
出演 / MASTARD・渡辺よしゆき&CO’・KATSUO・Erotopia・ビートずる

※今週はKATSUOでモダンタイムに乗り込みます。
おなじみ渡辺よしゆき先輩なんかも一緒なんですがね、
この日は旭川の〝ビートずる〟が参戦。
と、ゆーことは、スーパーベース弾きTANK宮本さんと再会できます。
ワタクシはこの方が演奏しているのを観て、この人スゲー!!とかビックリすると同時に、
〝新しいベース欲しい熱〟にやられてしまい、現在のメインベースを買ってしまったのでした。
それ以来の再会であります。
TANKさん、このベースはあなたの子(みたいなモノだ)です。
抱いてやって下さい。




4/26(日) 
サザンコムフォートスウィング
 at 小春南
『第4回 高田渡を歌う会』

小春南
札幌市中央区南1条東2丁目 札幌創成ビル B1F tel 011-210-8218
16:00 OPEN / 16:30 START  ¥1,500(1drink付)
出演 / 多数。

※ああー。
もうこのイベントの季節でありますなあ。
思えば最初のこのイベントに参加して白幡シャチョーと組んだんでした。
今回も〝高田渡さん〟に色々と(単純に歌だけでなく)影響を受けたミュージシャン達が
各々に〝俺の高田渡〟を歌い上げます。
今回のサザンコムフォートスウィングは、久々のフルメンバー。
その上、ゲストに引頭英樹(Per)のプラスワンでお送りいたします。


お待ちしております。







ワタクシ・MARUがお送りする

今週の 俺ニュース 



〝オヤジ狩りに遭いかけたよ絵文字名を入力してください






コメント:0  トラックバック:0
 Home  NextPage